[記事数:1,202] 日本を元気にするキーワード、地域活性化×中小企業× ITのTips and Quotes(秘訣と引用文)
creative  link  memo 

「脱ページビュー主義」の本命は「コミュニティによる収益化」—有料サロン運営、7つのメリット



img_85e82e51b0c6dabc91c60c1fcfaf4be8161287

コミュニティを形成し、マネタイズを実現する

脱ページビューを真面目に実現しているメディアとして「THE BRIDGE」をいい例にとることができるでしょう。彼らは会員制度を用意し、コミュニティを形成することでマネタイズを実現しています。

〈 会員制度は、スタートアップと法人特別の2種類で、合計150社が集まった。会員になれば、年8回のデモイベントへの招待、PDFにまとめられた月刊マガジンの配布、勉強会、などが提供される。

会費はスタートアップ会員は無料、法人特別会員は年15万円。50社限定の枠に対して、すでに30社を超える申し込みがある。広告協賛を追加した60万円のスポンサー会員には、フジ・スタートアップ・ベンチャーズ、インフィニティ・ベンチャー・パートナーズ、ニッセイ・キャピタルといった投資ファンドが並ぶ。(脱ページビュー主義 新経済ニュースアプリの挑戦  :日本経済新聞) 〉

驚くべきはページビューの少なさ。120万PVということは、ぼくのブログ(まだ東京で消耗してるの?)より小さいですが、売り上げは軽く倍以上はありそうです。

 

コミュニティから新たな書き手が生まれる

ぼくが編集長をしているビッグイシュー・オンラインでも「ビッグイシューオンライン編集長・イケダハヤトのブログ塾」というサロンを始めています。ぼくがブログ運営のコンサルティングをする10,000円の「マンツーマン・コンサルティングプラン」(5名)と、4,980円の「コミュニティプラン」の2つを用意。現在、72名の参加者がいます。

ここで何をしようとしているのか。裏の狙いを明かすと、ビッグイシュー・オンラインにかかわってくれるライター・編集者の育成を目的にしています。サロンに入ってライターとしてレベルを上げていただき、あわよくば、ビッグイシュー・オンラインに記事を投稿していただきたい、という狙いがあるのです。有料サロンは効率のいい仕組みだと思いませんか?

 

1. 収益性が抜群にいい

改めて、オンライン有料サロンのメリットをまとめてみます。「ビッグイシューオンライン編集長・イケダハヤトのブログ塾」というサロンを始めて2ヵ月ほどが経ちますが、月間25万円ほどの収益がサロンから発生。すでに年間300万円レベルなので、スタッフをひとり雇うこともできそうです。

ぼくは過去に有料メルマガもやりましたが、有料サロンのほうが明らかにマネタイズが楽だと感じます。手数料で見ても、有料メルマガはどこも4割くらい持っていくのに対し、Synapseは2割と良心的。さすが田村健太郎さん(Synapse代表)は著者の気持ちをわかっています。

2. 勝手にコンテンツが生まれる

加えて、有料サロンはそこまで大きな負荷がかかりません。なぜかといえば、ユーザーが勝手にコンテンツを作ってくれるからです。

たとえば、「livedoor? はてな? おすすめのブログサービスは結局どこなの?」というスレッドに対して、あるサロンメンバーが「移転を考えているんですが、やっぱりアクセスは下がるんでしょうか?」という質問をしました。それに対して、某有名ブロガーが以下のような回答を付けてくれたのです。

〈 私は4ヵ月前、アメブロ(1000記事くらいストックあり)からライブドアに移転しました。最初はPVが下がって心配でしたが、徐々に上がり以前の5~6倍くらいです。固定の読者さんはそれなりについてきてくれて、改めて仕切りなおすチャンスにもなり、それによって新規の方が入ってきてくれる感じがします。 〉

このように勝手に有益なコンテンツが集まってくるわけですから、すばらしい。

3. ユーザー同士のコミュニケーションが生まれる

サロンでは上でも紹介したとおり、「ユーザー同士の交流」が生まれるのも大きなメリット。有力なサロンになると、ユーザー同士が勝手にサロンオーナー抜きでオフ会を開催しているらしいです。うちも200人くらいまで伸びてきたら、いろいろな「部活」をつくろうと思っていたりします。

4. 炎上することがない

サロンに入っている方々は、良くも悪くも、ぼくの活動や発信している内容に共感している人が多いです。ぼくのこと大嫌いな人間が、月額5,000円も払わないですから、何を書いても炎上しない空気があるように感じています。

ぼくの場合はあまり関係ないですが、たとえば「原発」「生活保護」「LGBTs」などなど、社会的に燃えやすい繊細なテーマを扱っているライターの方は、有料サロンを持つと捗る気がします。

5. コンテンツを蓄積できる

意外かもしれませんが、フェイスブックグループはコンテンツを蓄積しやすい空間でもあります。ぼくのサロンでは、これまでの投稿を「リンク集」というかたちで管理・運用しています。

初めてサロンに来た人でも、この目次を見れば過去の議論にいつでも遡ることができます。質問があれば書き込むことも可能です。そのたびにスレッドが再浮上するので、また新鮮なコミュニケーションが始められます。

6. コンテンツを書籍化など別のかたちでも流用できる

将来的には、サロン内のコンテンツを電子書籍にしようと企んでおります。だいぶ昔に前述の田村さんが言っていた気がするんですが、サロンって実は出版活動なんです。コミュニティで1冊の本を作っているような感じというとわかりやすいでしょうか。

むろん、蓄積されたコンテンツの活用は電子書籍にかぎりません。講座・セミナーの資料にしてもいいでしょうし、サロンのコミュニケーションをブログ記事に編集しなおしてもいいでしょう(梅木さんがたまにやっているように)。

7. サロン運営は純粋に楽しい

なにより、サロンの運営は純粋に楽しいです。まだまだ色々な可能性があるはずで、次世代のコンテンツやメディアのあり方は、サロンから生まれると本気で思っています。まずはビッグイシュー・オンラインのライターを発掘することから始めたいですね。

こちらから「お題」を投げて、サロンメンバーに記事を書いてもらって、いいものを編集して掲載する(報酬あり)・・・のようなコミュニティ型のクラウドソーシングもありでしょうし、いろいろ妄想が広がって楽しいわけです。現状、Synapseはサロン開設においてベストなプラットフォームだと思います。

Salonde」など、ぼちぼち他のプラットフォーマーも出てきていますが、長年この分野をスプーンで穴を掘るようにコツコツ攻め続けてきたSynapseにはなかなか敵わないと見ています。手数料の低さと決済まわり、コミュニティ運営のサポートを考えると、自分でシステムを持つより合理的です。ぼくのサロンはしばらく募集停止ですが、気が向いたら再開しようと思いますので、気になる方はどうぞ。





FavoriteLoadingお気に入りAdd to favorites
飲食店特化型クラウドファンディングプログラムkitchenStarter(キッチンスターター)... 飲食店特化型kitchenStarter(キッチンスターター)が事前募集開始 レストランの新規オープン、店舗の増改築など飲食店に必要な費用を広くインターネットで多くの人から資金を募集できる。そんな飲食店に特化した日本初のクラウドファンディングサイト“kitchenStarter(キッチンスター...
Ingress(イングレス) グッズ Ingress(イングレス)は、Googleの社内スタートアップ「ナイアンティックラボ」(Niantic Labs)が開発・運営する、スマートフォン向けの拡張現実技術を利用したオンラインゲーム・位置情報ゲーム。 運営元のNiantic Labs(Googleの社内ベンチャー)によると、日本はIng...
ボイス投稿サイト こえであそぶ koebu~声優・歌のオーディションも開催中~ |歌ってみた・セリフ・ボイスドラマ こえ部で遊んでみよう! - NAVER まとめ 怖い話投稿サイト 怖話(こわばな) ...
服飾の専門知識がまったくない人でもアパレルブランドの立ち上げやファッションアイテムの製造・販売ができ... STARtedとは? イラストをアップロードするだけ。 STARedは、IT×ファッションの技術を組み合わせた、イラストをアップロードするだけでオリジナルアイテムの製造ができるインターネット上の工場です。 個人や法人を問わずアイデアさえあれば、誰でもアパレル商品を作ることができます...
食農の流通改革 生産者とシェフをつなぐプラットフォーム『SEND』... 食農の流通改革 生産者とシェフをつなぐプラットフォーム『SEND』 2016年02月03日 07時00分更新  ベンチャー、スタートアップのサービス、事業の魅力を3分間の動画でお届けする大江戸スタートアップ ライトニングトーク第11回は、生産者とシェフをつなぐプラットフォーム『SEND』が登...
食べログの謎(前編):食べログにはまだ「やらせ」があるのか?... 食べログの謎(前編):食べログにはまだ「やらせ」があるのか? 2015年08月24日  今年の3月、大手グルメ口コミサイト「食べログ」が10周年を迎えた。カカクコムの村上敦浩氏(現在は同社取締役)がたった数人で立ち上げた社内ベンチャーは、登録店舗数が約81万、月間利用者数が6700万人超、月...
空きスペースを活用したサービス50選 1.スペースシェア http://s-share.net/ スペースを貸したい人と借りたい人をマッチングする、空きスペースを活用したサービスです。 オフィス、駐車場、部屋といった様々なスペースに利用が可能で、貸す側は余ったスペースを利用し副収入を得ることができ、借りる側は低コストで必要...
一人一人のユニークなストーリー”StoryCorps”... 誰にでも、伝えるべきストーリーがある。米NPO「StoryCorps」の大切な“物語”を残す録音活動 米国NPOの「StoryCorps(ストーリー・コー)」は、ふつうの人々の声と物語を録音するというシンプルな活動を地道に続けてきました。2003年からはじまったこの活動の参加者は、すでに8万人...
大企業とベンチャーの協業、仕掛け人が後押し ゼロワン、学研や森永のアクセラレータープログラムを支援... 大企業が「アクセラレータープログラム」というプロジェクトの実施を通じて、ベンチャーとの連携を深めている。外部の技術やサービスを取り込み、自社の経営資源と組み合わせて新しい事業を生み出すオープンイノベーションを促進する試みだ。ベンチャーとの付き合いに不慣れな場合には、仲人役の活躍が成否の鍵を握る。学研...
[ednity編1]目立たなかった生徒が、一躍授業のスターになる...  「ednity」は、教師と生徒、生徒と生徒のやり取りに特化した学校向けSNS。公立/私立を問わず、国内の多くの学校現場で活用されている。学校向けSNSに求められる要件とはどんなものか、実際にどんな活用がなされているのか。Ednityの佐藤見竜代表取締役に聞いた。 [ednity...

コメントを残す