[記事数:1,202] 日本を元気にするキーワード、地域活性化×中小企業× ITのTips and Quotes(秘訣と引用文)
creative  link  memo 

ネットショップモール出店金額とカート料金まとめ



ネットショップモール出店費用

1.楽天市場

楽天市場
http://www.rakuten.co.jp/

楽天株式会社が運営するショッピングモールです。
ネット通販全体シェア26.8%を誇り、圧倒的な集客力を持っています。
いくつかのプランがあり、目標・販売商品に合わせて出店プランを選択することが可能です。
月額費用は19,500円からで5000商品の登録が可能。スタンダードな月額50,000円のプランだと20000点もの商品が登録できる上に手数料がお得になります。
その他の費用としてプラン別のシステム手数料が2%〜6.5%、初期登録費用として別途1回だけ60,000円がかかります。

2.Yahoo!ショッピング

Yahoo!ショッピング
http://shopping.yahoo.co.jp/

Yahoo!JAPANが運営するショッピングモールです。
Yahoo! の様々な関連サービスから誘導されるので、集客力は抜群です。
ライト出店、プロフェッショナル出店の2つから出店方法を選ぶことができます。
Tポイント原資最低1%(1〜15%)の他、一部オプションの手数料がかかりますが、初期費用、毎月の固定費、売上げのロイヤリティ全て無料でネットショップを持つことが可能です。

3.DeNaショッピング

DeNaショッピング
http://www.dena-ec.com/

株式会社DeNaの提供するショッピングモールです。
DeNaが運営するMobage、DeNAトラベル、横浜DeNAベイスターズなどの関連サービスと連携しており、独自の販路を持っています。
出店プランは2つ用意してあり、一番安いライトプランが月額16,500円です。
本格的な売上げを目指す方向けのアドバンストプランは月額だと56,500円ですが、1年契約の場合50,000円とお得です。

4.Amazon

Amazon
http://www.amazon.co.jp/

Amazon.comの日本法人アマゾンジャパン株式会社が運営するショッピングモールです。
出店プランは小口と大口の2つがあり、どちらかを選択することができます。
小口の場合、1点につき100円の基本成約料と販売手数料だけがかかり毎月の固定費用がかかりません。大口の場合には、月額月額4,900円と販売手数料がかかります。
ただし前者の場合Amazon登録商品しか販売出来ませんが、後者ではAmazonにない商品も登録することが可能です。
どちらのプランも初期費用は一切かかりません。

5.ポンパレモール

ポンパレモール
http://www.ponparemall.com/

リクルートホールディングスが運営するショッピングモールです。
月額費用は29,800円で手数料は売上げの2.5%と、他モールに比べ比較的低コストでショッピングサイトを持つことが出来ます。

無料ネットショップ型

6.BASE

BASE
https://thebase.in/

BASE株式会社が運営する無料で簡単にネットショップが作れるサービスです。
クレジットカード決済の手数料3.6%+40円と売上を引き出す際の手数料はかかるものの、月額利用料・売上げからの手数料・その他費用は一切かかりません。

7.Stores.jp

Stores.jp
https://stores.jp/

株式会社ブラケットが運営する、簡単にネットショップが作れるサービスです。
無料プランのほか、本格的に運営したい方向けのプレミアムプランを用意しています。
プレミアムプランの場合は、月額費用980円でメールマガジン、クーポン、アクセス解析ほか便利な機能を多数利用することが出来ます。
また、クレジットカード決済の手数料は5%がかかりますが、カード決済導入時の初期費用・月額固定費用は一切かかりません。

8.moremall

moremall
https://lp.moremall.jp/

株式会社INDETAILが運営する、無料でネットショップが出店できるサービスです。
初期費用・月額費用・売上手数料全てが無料で、カード決済手数料も3.25%と低めです。
バナー広告掲載、上位表示機能などのサブメニューを利用する際には、別途費用がかかります。

ネットショップのカート料金

9.カラーミーショップ

カラーミーショップ
http://shop-pro.jp/

GMOペパボが運営する、ネットショップ構築サービスです。
デザインを自由にカスタマイズ可能なことで人気を集めています。
一番低コストなライトプランなら月額900円から、機能満載のギガプランでもわずか月額3,240円でショップをはじめることができます。初期費用は3,240円です。

10.おちゃのこネット

おちゃのこネット
https://www.ocnk.net/

おちゃのこネット株式会社が運営するネットショップ構築サービスです。
月額540円からネットショップを作ることができ、初期費用、売上手数料は一切かかりません。
好きなドメインが選べる独自ドメインコースなら月額2,160円、商品登録数を増やせる有料オプションも月額1,080円から用意しています。

11.MakeShop

MakeShop
http://www.makeshop.jp/

GMOメイクショップ株式会社が運営するASPカートシステムです。
料金は初期費用10,500円と月額費用のみというシンプル設計で、その他の手数料は一切発生しません。
プランは3つから選ぶことができ、最低限の機能を備えたフリーショップなら月額費用は0円、最高値のプレミアムプランなら月額10,500円でシステムが利用出来ます。
また、契約期間次第ではプレミアムプランの料金が最大30%安くなります。

12.eshopsカート2

eshopsカート2
http://cart.e-shops.jp/

株式会社ハンズが運営するショッピングカートASPです。
3つのプランがあり月額費用2,400円〜レンタルカートが利用できます。
ショップ運営機能をフルに備えた「ネットショップ開業CMSプラン」でも月額費用は4,800円です。
いずれのプランも初期費用に別途10,000円がかかります。

13.FC2ショッピングカート

FC2ショッピングカート
http://cart.fc2.com/

FC2, INC.が運営するショッピングカートASPです。
費用は無料で簡単、手軽にネットショップを作成することができます。
各種クレジット決済に対応しイプシロン、ZEUSを含む5社から選択することが可能です。
クレジット導入時の初期費用、月額料金、決済手数料、売上処理料は別途課金されます。

14.ショップサーブ

ショップサーブ
http://sps.estore.jp/

株式会社Eストアーが運営するショッピングカートASPです。
仕様の異なる5つのプランが用意されており、月額4,565円から利用することができます。
また、売上げロイヤリティが課金されるのはライトプランのみというのが嬉しいポイントです。
いずれのプランでも初期費用9,519円がかかります。
各種クレジット決済にも対応し、初期費用・月額固定費用は一切不要、さらに手数料も3.675%と低めです。

まとめ

ネットショップを開業において知っておきたいネットショップモールの出店金額とネットショップのカート料金をまとめてご紹介しました。

ネットショップを新たに始める際、ネットショップモール出店を検討される場合は、出店によるメリット・デメリットを理解しましょう。
ネットショップモールは、集客力を持っているという強みがありますが、競争が激しく埋もれてしまう可能性や、購入者から「ショップモールで購入した」と認識されやすく、お店自体にブランド力をつけるのは容易ではありません。

一方、ネットショップモールに属さない独自ネットショップの場合、ネットショップモールに囚われない自由度の高さがあるため、独自の価値を見出しやすいというメリットがある反面、集客は全て行わないといけないといった側面があります。
そのため、ネットショップ開業や出店する際は、特性を理解し、扱う商品や戦略に合わせて検討してみましょう。





FavoriteLoadingお気に入りAdd to favorites
Amazonログイン&ペイメントは何が凄いのか... Amazonログイン&ペイメントは「Amazonペイメント」部分について言えば、従来から存在する大手モールのID決済サービスと比較すると実はそれほど大きな違いはないとも言える。しかし「Amazonログイン」部分が非常に画期的な部分だ。各ECサイトから画面遷移する必要もなく、各ECサイトで...
個人・中小企業がECで勝つ方法 求められる「唯一化」の戦略... 個人・中小企業がECで勝つ方法 求められる「唯一化」の戦略 | 月刊「事業構想」2015年4月号 個人・中小企業がECで勝つ方法 求められる「唯一化」の戦略 尼口 友厚(ネットコンシェルジェ 代表取締役) 無料でネットショップを開設できるなど、今、ECに参入するハードルは...
Amazon.co.jpのアカウントでログインし、簡単にお支払いができる新サービス『Amazonログ... Amazon.co.jpのアカウントでログインし、簡単にお支払いができる新サービス『Amazonログイン&ペイメント』の提供を開始 ~「劇団四季」と「出前館」のサイトでお支払いが可能に~ 総合オンラインストアAmazon.co.jp(以下、Amazon)は、本日2015年5月11日(月)より...
「3つのトレンド」が変革を牽引 これからのECを読み解く... 「3つのトレンド」が変革を牽引 これからのECを読み解く | 月刊「事業構想」2015年4月号 「3つのトレンド」が変革を牽引 これからのECを読み解く 変化が激しく、次々と新しいサービスが生み出されるEC業界。ストア数が急増する中で、自社の成長を実現するために、ECサ...
2018年度に20兆円市場 拡大するEC・決済のマーケット... 2018年度に20兆円市場 拡大するEC・決済のマーケット | 月刊「事業構想」2015年4月号 EC・決済の新モデル 2018年度に20兆円市場 拡大するEC・決済のマーケット PROJECT DESIGN編集部 中小企業・個人でも簡単にECサイトがつくれるように...
「3つのトレンド」が変革を牽引 これからのECを読み解く... 「3つのトレンド」が変革を牽引 これからのECを読み解く | 月刊「事業構想」2015年4月号   「3つのトレンド」が変革を牽引 これからのECを読み解く 変化が激しく、次々と新しいサービスが生み出されるEC業界。ストア数が急増する中で、自社の成長を実現するため...
対応通貨は130以上ーーサイトに動画を埋め込むほど簡単に決済サービスを提供できる「Stripe」が日... デバイスやテクノロジーの進化に伴って膨れ上がる世界のEコマース市場。海外ではShopify、日本でもSTORES.jpやBASEなど簡単にオンラインストアを開設できるサービスの登場で、個人がブログを持つようにストアを持つ時代が確実に近づいています。 ところが、オンラインストア開設の容易さに反し...
売れてるサイトはここが違う 1.そこでしか買えないものを売っている 2.定期的に見たくなる作りになっている 3.売っている人が見える 4.ありえない量をあつかっている 5.真似できない強みがある コツを盗め!参考にしたいECサイト5選 | 株式会社サイバーレコード ...

コメントを残す