[記事数:1,202] 日本を元気にするキーワード、地域活性化×中小企業× ITのTips and Quotes(秘訣と引用文)
creative  link  memo 

不動産系のスタートアップは、50億円というパイの争奪に向けてビジネスモデルの構築を目指している



2015年02月13日 23:02

不動産系のスタートアップは、50億円というパイの争奪に向けてビジネスモデルの構築を目指している

日本でも不動産系のスタートアップが続々と生まれている(不動産系のスタートアップが熱い)。

これらのスタートアップが目指している不動産マーケットはどのくらいの規模なのか?

筆者が長年観測している首都圏のマンション市場について、推定してみよう。

首都圏の新築マンションの市場規模の推定

首都圏の新築マンションの供給戸数は、8万戸(2001年~2005年)の時代から、2009年の3万6千戸をボトムに、ここ数年は4万戸から5万戸と低迷している(下図参照)。

そこで、首都圏の年間の新築マンションの供給戸数を4万戸としよう。

f:id:flats:20150213215057j:plain

(不動産経済研究所のデータをもとに作成)

不動産経済研究所が2015年1月21日に発表した、「首都圏マンション市場動向―2014年のまとめ―」によれば、2014年に発売された首都圏の新築マンションの平均価格は5,060万円とされている。

そこで、上述の「年間の新築マンションの供給戸数を4万戸」に「平均価格5,060万円」を掛けて、首都圏の新築マンションの市場規模は2兆円(=4万戸×5千万円/戸)と推定できる。

首都圏の新築マンションの広告宣伝費の推定

筆者が3年ほど前に調べたデータによれば、大手不動産会社の広告宣伝費率(「営業収益」に対する「広告宣伝費」の割合)は1%~3.5%、中小デベロッパーの広告宣伝費率1%~5%であった(下図参照)。

f:id:flats:20150213221241j:plain

f:id:flats:20150213230722j:plain

大手、中小に係らず、広告宣伝費率はかなりバラツキがあるので、ここは1%~4%と幅を持たせて設定する。

売上高(=分譲価格)の10%が営業利益だと想定すると、売上高に対する広告宣伝費の割合は0.1%~0.4%(=(1%~4%)×10%)となる。

よって、首都圏の新築マンションの広告宣伝費は年間で20億円~80億円(=2兆円×(0.1%~0.4%))。間をとって年間50億円としよう。

市場を全国に広げても、首都圏の発売戸数が支配的なので50億円が倍になることはないだろう。

不動産系のスタートアップの目指しているのは―

不動産系のスタートアップは、この年間50億円というパイの争奪に向けてビジネスモデルの構築を目指していることになる(そうではないビジネスモデルがあるかもしれないが)。

宣伝広告費は、モデルルームの建設費・維持管理費のほか、受付けの派遣社員の人件費、来場者へのプレゼント、折込みチラシの作成・配布費用などに費やされる。

そこで、たとえば、モデルルームを建設せずに、IT技術を使ってバーチャルなモデルルームを構築するサービスを提供する。

あるいはIT技術を使って、売主と消費者を結びつけるサービスを提供する(この手のスタートアップは多い)。

ちなみに、当ブログは、消費者に首都圏を中心にマンション選びのためのお役立ち情報を提供し、Google Adsenseのアフィリエイト収入として、年間50億円の広告宣伝費のおこぼれを頂戴しているというビジネスモデル (^_^;)

  1. iemo(イエモ) 51万人
  2. マンションノート15万人
  3. HEYAZINE (ヘヤジン)7.5万人
  4. SuMiKa6.5万人
  5. ietty (イエッティ) (6万人
  6. SUVACO(スバコ)5万人
  7. 30min.(サンゼロマンション)1.5万人

 





FavoriteLoadingお気に入りAdd to favorites
人口統計ラボ | 国勢調査GIS 平成22年(調査日 2010年10月1日)... 人口統計ラボとは 「政府統計の総合窓口(e-Stat)」よりダウンロードした国勢調査(総務省統計局)の統計データを、Googleマップの地図上に重ねて表示する無償のオンラインサービスです。地域別に各種統計情報を簡単な操作でご覧いただけます。 国勢調査後に市区町村合併などで住所変更があった...
空きスペースを活用したサービス50選 1.スペースシェア http://s-share.net/ スペースを貸したい人と借りたい人をマッチングする、空きスペースを活用したサービスです。 オフィス、駐車場、部屋といった様々なスペースに利用が可能で、貸す側は余ったスペースを利用し副収入を得ることができ、借りる側は低コストで必要...
国産のGoogleマップAPIを利用したWebサービス27+α... 国産のGoogleマップAPIを利用したWebサービス27+α - かちびと.net 飲食店検索 - この辺で 地図蔵 ...
Googleストリートビュー上を移動するムービーを制作してくれる「Hyperlapse」... Googleストリートビュー上を移動するムービーを制作してくれる「Hyperlapse」 - GIGAZINE 試そう!Googleストリートビューを動画化·Google Street View Hyperlapse MOONGIFT ...
未公開ベンチャーの資金調達1.3億円 1~6月、1社あたり... 未公開ベンチャーの資金調達1.3億円 1~6月、1社あたり 2015/8/2 23:47日本経済新聞 電子版  未公開のベンチャー企業が2015年1~6月に調達した資金は、1社あたり1億3000万円と前年同期の2.6倍に拡大した。世界的な株高で、資金の出し手となるベンチャーキャピタル(VC)...
規格外野菜を無料プレゼントするサービス!? 農家と消費者を直接結び付ける「タダヤサイ.com」... タダで野菜を配る「タダヤサイ.com」。その収益モデルは?展開している事業内容・特徴 「さつま芋3キロがタダ」「長ネギ2 キロがタダ」と聞いて、興味を持たない人はいないだろう。日々の生活費のやり繰りに苦労している主婦にとっては、まさに夢のような話である。今回は、大量の野菜をドーンと無料でプレゼント...
食べログの謎(前編):食べログにはまだ「やらせ」があるのか?... 食べログの謎(前編):食べログにはまだ「やらせ」があるのか? 2015年08月24日  今年の3月、大手グルメ口コミサイト「食べログ」が10周年を迎えた。カカクコムの村上敦浩氏(現在は同社取締役)がたった数人で立ち上げた社内ベンチャーは、登録店舗数が約81万、月間利用者数が6700万人超、月...
「人口減少Xデザイン」特設サイト開設... 「人口減少Xデザイン」特設サイト開設 2015年6月26日  issue+design(東京都港区)は、自治体別人口予測シミュレーションや人口減少対策の効果検証を目的とした「人口減少×デザイン」特設サイトをオープンした。  日本の人口はこれから急激に減少すると見込まれている。同サイトで...

コメントを残す