[記事数:1,202] 日本を元気にするキーワード、地域活性化×中小企業× ITのTips and Quotes(秘訣と引用文)
creative  link  memo 

偽のjQueryを利用した攻撃、「WordPress」「Joomla」を利用するサイトで急増



偽のjQueryを利用した攻撃、「WordPress」「Joomla」を利用するサイトで急増
Charlie Osborne (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 村上雅章 野崎裕子 2016年04月05日 16時32分

 サイバーセキュリティ企業Avast Softwareの研究者らは、ハッカーが「jQuery」というJavaScriptのライブラリを悪用し、オープンソースのコンテンツ管理システムである「WordPress」や「Joomla」を利用している数多くのウェブドメインに悪意のあるコードを注入していると警告している。

 Avastによると、ウェブサイトに偽のjQueryを注入するというインジェクション攻撃がこのところ活発化しているという。同社ブログには、ある攻撃手法が過去数カ月で急増しており、その攻撃においてWordPressやJoomlaを使用しているウェブページのheadセクション内に、偽のjQueryスクリプトを注入するという手段が用いられていると記されている。その結果、ハッカーの手に落ちたドメインや悪意のあるドメインによる感染の巣が生み出されている。

 研究者らによると、ハッカーの手に落ちたウェブサイト上の約7000万におよぶファイルで偽のjQueryスクリプトが見つかっているという。また、「異常とも言える大量のドメイン」が影響を受けている結果、2015年11月以降で累計450万人のユーザーが、改ざんされたウェブサイトにアクセスしているという。

 悪意のあるコードが潜在的な被害者や、ウェブサイトへの訪問者に対して尻尾を見せることはない。偽のjQueryスクリプトはウェブページのソースコードを見なければ確認できないのだ。このスクリプト自体は単純であり、いくつかの変数と、悪意のあるドメインによってホストされている別のJavaScriptソースを参照する「if」ステートメント1つで構成されている。

 攻撃の引き金となるこれらのコードは、ウェブページがロードされた後、10ミリ秒の遅延時間を置いてから実行を開始する(インジェクション攻撃では、こういった遅延時間を置くのが一般的であり、より長い遅延時間を設定しているケースも多い)。また実行コードは、「?」や「:」「@」といった特殊文字をエンコードするための「encodeURIComponent」関数も使用している。

 研究者らは、「最後の条件チェックで変数に必要な値が入っているかどうかを調べ、その評価をした後で別の場所にあるスクリプトをウェブページに挿入する」と解説している。

 いったんコードが注入されると、該当コードは他のドメインのSEOランクを引き上げるために用いられるようになる。これによりハッカーは、自らの手に落ちたウェブサイトのアクセス数を増やすことで、感染を拡大させるだけでなく、広告収入を不正に増やしたり、偽のドメインを利用した詐欺行為を働いたりできるようになる。

 悪質なインジェクション攻撃の対象となっている主な地域は以下の通りだ。

FigA

 ウェブサイトの管理者は、自らの管理下にあるローカルマシンが感染していないことを確認するだけでなく、自らのウェブサイトを定期的にチェックするとともに、WordPressやJoomlaを最新の状態にアップデートすることで、オンラインの脅威から可能な限り身を守るようにするべきだ。





FavoriteLoadingお気に入りAdd to favorites
XSSやSQLiなど複数の脆弱性を修正した「WordPress 4.2.4」... XSSやSQLiなど複数の脆弱性を修正した「WordPress 4.2.4」 複数の脆弱性を修正したコンテンツマネジメントシステム(CMS)の新版「WordPress 4.2.4」の提供が開始された。前回のアップデート「同4.2.3」から、わずか2週間弱での公開となる。 今回の更新は、S...
Yoast WordPress SEO plugin version 2.2脆弱性、2年を経て修正版... WordPress人気のプラグインに脆弱性、2年を経て修正版 6月11日(米国時間)、Threatpostに掲載された記事「Popular WordPress SEO Plugin Fixes XSS Bug|Threatpost|The first stop for security...
乗っ取りの危険性、WordPress 4.3.1のアップデート呼びかけ... United States Computer Emergency Readiness Team (US-CERT)は9月15日(米国時間)、「WordPress Releases Security Update」において、WordPressに2つのクロスサイト・スクリプティングの脆弱性が存在すると伝...
レノボ製パソコンにスパイウェア、2省・市が注意喚起... レノボ製パソコンにスパイウェア、2省・市が注意喚起 2016/01/08 14:52 JST配信  東北部地方クアンニン省人民委員会はこのほど、「スパイウェア」をプリインストールされた中国の聯想集団(Lenovo Group=レノボグループ)製のパソコンの使用に注意を促す公文書を各部局や市・...
WordPress脆弱性プラグイン&テーマ WordPress用プラグイン「All in One SEO Pack」に情報管理不備の脆弱性 | マイナビニュース WordPress用プラグイン「All in One SEO Pack」における情報管理不備の脆弱性に関する情報を、JVN(Japan Vulnerabi...
分析用JavaScriptコードのフリをしたマルウェアに注意 – WordPress... 分析用JavaScriptコードのフリをしたマルウェアに注意 - WordPress Webページへのアクセスを分析する目的で各ページに分析用のJavaScriptコードを挿入することがある。アクセスデータはサービスを提供しているベンダーで集計され、多くの場合は専用のダッシュボードを経由し...
キャッシュプラグイン「WP Super Cache」に複数の脆弱性... キャッシュプラグイン「WP Super Cache」に複数の脆弱性 コンテンツマネジメントシステム「WordPress」向けに提供されているプラグイン「WP Super Cache」に複数の脆弱性が含まれていることがわかった。アップデートが公開されている。 「WP Super Cache...
WordPress向けネットショッププラグイン「Welcart e-Commerce」に脆弱性... WordPress向けネットショッププラグインに脆弱性 eコマースサイトを構築できるWordPress向けプラグイン「Welcart e-Commerce」に複数の脆弱性が含まれていることがわかった。 脆弱性情報のポータルサイトであるJVNによれば、「同1.4.17」や以前のバージョンに...
WordPress向けフォームプラグイン「Ninja Forms」に脆弱性... WordPress向けフォームプラグインに脆弱性 WordPress向けに提供されているフォームプラグイン「Ninja Forms」に脆弱性が含まれていることがわかった。 「同2.9.18」にクロスサイトスクリプティングの脆弱性が含まれていたもので、以前のバージョンも影響を受ける。 ...
WordPress向けGoogle Analytics連携プラグイン「Google Analytic... WordPress向けGoogle Analytics連携プラグインにXSSの脆弱性 WordPressにおいてGoogle Analyticsとの連携機能を実現するプラグイン「Google Analytics by Yoast」にクロスサイトスクリプティングの脆弱性が含まれていること...




コメントを残す