[記事数:1,202] 日本を元気にするキーワード、地域活性化×中小企業× ITのTips and Quotes(秘訣と引用文)
creative  link  memo 

写真共有アプリ「EyeEm」が1300万人のフォトグラファーに支持される理由



ベルリン発のスタートアップ第一弾として紹介したいのが、世界的に名の知れた写真共有アプリ『EyeEm(アイエム)』を運営するEyeEm Mobile社です。

EyeEmは、世界中のメディアから「ドイツ版instagram」と紹介をされているように、instagramと同様にその場でスマホで撮影した写真を加工、簡単にアップロードができ、お気に入りのフォトグラファーをフォローしたりチェックインができたりする写真共有アプリです。日本でも最近ユーザーが増えつつあるのでご存知の方も多いかもしれません。

しかし、EyeEmはそれだけでなく、ユーザーがより多くのインスピレーションやアイデアを得て、写真を上手に撮り、共有できる機能が多く盛り込まれています。

2014年3月には、世界最大手のストックフォト企業Getty Imagesとパートナー提携を結びました。自社でもEyeEm Marketという写真のライセンスを販売するマーケットを始めることで、ユーザーが自分の撮った写真をマネタイズできるアプリへと成長をとげており、現在は全世界で1300万人のユーザーが使用しています。

── すでに3千万人のユーザーがいるということですが、2012年にinstagramがユーザーの投稿写真を広告素材として使用できるという規約改定行った(後日instagramは謝罪と撤回)のがきっかけで、反発した多数のユーザーがEyeEmに流れたというのは本当ですか?

定兼氏:本当だと思います。だから私たちは、2014年Getty Imagesに写真を提供し始めた時も、自分たちのマーケットプレイスを始めた時も、必ずユーザーから同意を得たものしか販売していません。もちろんそこで得た販売収益は、ユーザーにも50%シェアされます。私たちは、アプリを使ってくれる人々をユーザーと呼びますが、全てのユーザーは私たちにとって単なるアプリのユーザーではなく、”フォトグラファー“だと思っています。

著作権は全てフォトグラファーに帰属しますし、フォトグラファーの意思は必ず尊重されるべきだと思っています。また、私たちは、ユーザーが写真を投稿した際に、元々の写真の大きさをアップロード時に小さくしたり、形を変えてしまうようなこともしません。そうすればサーバー管理上は楽かもしれませんが、クオリティを落としたくないので変えるつもりもありません。例えば、パノラマ写真を撮って共有したい人がいたら、EyeEmにはそのままアップロードができるので、ユーザー側にも喜ばれますし、私たちもより多様な写真を集められます。

Instagramとの違い。

自分で撮影した写真を売ることの他に、インスタグラムとの大きな違いの一つとして、ミッションに参加できるということがあります。ミッションに参加することで、世界各国のEyeEmユーザーの人々と、楽しみながら競うことができます。

アプリ起動後の画面下部に、「みつける」「フォロー中」「カメラアイコン」「ミッション」「Me」という5つのメニューがあります。今回はミッションを選択して、今現在どのようなミッションに参加できるのかを確認します。この記事を書いている2015/9/21時点では、7つのミッションを確認することができました。※ミッションは随時追加、締め切りされます。

今回は「Coffee At Home」を選択しました。ページが変わるとミッション内容を確認することができます。ただし英語です。※EyeEmも当初は、全て英語表記でした。直近の2年間である程度の日本語化が進みました。細かいページが日本語対応されるのも時間の問題でしょう。

Coffee At Homeのミッション内容は、ざっくりと「コーヒーのある家庭風景を撮りましょう。」的な解釈で良いと思います。極論、英語が分からなくても先人達がアップロードした写真を見ることができますので、それを参考にオリジナルな写真を撮影すれば良いのです。そしてこのミッションは、ミッションの発案元である「Coffee Circle」に良い作品と判断されると、報償としてCoffee Circle CupとChemex Coffee Makerが貰えるようです。※CoffeeCircleは、ドイツのコーヒーショップ名です。





FavoriteLoadingお気に入りAdd to favorites
記者七つ道具 写真は私の「記者七つ道具」です。左上から順に、①カメラ②腕章③名刺入れ④携帯電話⑤ボールペン⑥ノート⑦スケジュール帳。このうち、カメラに「かめまるくん缶バッチ」、名刺入れに「かめまるくんシール」、携帯電話に「かめまるくんストラップ」を付けています。 亀岡市民新聞Web - 記者ブ...
みんなの評判ランキング| 生の声を届ける口コミ投稿サイト... みんなの評判ランキングは、各ジャンルの有名・無名企業の評判を集めてランキングにしたサイトです。 皆さんの口コミ情報を元に、できる限り手を加えずに生の声をお届けしたいと考えています。 これからもみん評をどうぞよろしくお願いいたします。 みんなの評判ランキング| 生の声を届ける口コミ投稿...
日経DUAL: 働くママ&パパに役立つノウハウ情報サイト... 共働きのママとパパに向けた役立つ情報サイト。仕事・育児・教育・家計・家事などの記事の他、保育園検索、仕事と育児の両立ノウハウ集、休日のおでかけスポット、共働き応援クーポン等、多数のサービスを展開。 すつきりしていて見やすい、デザインや配置の参考に 働くママ&パパに役立つ...
有料イベントで人つなぐ 新興メディア、出会い提供... 有料イベントで人つなぐ 新興メディア、出会い提供  :日本経済新聞  小さなウェブメディアながら、IT系スタートアップ業界で存在感がある「THE BRIDGE(ザ・ブリッジ)」。運営するのはテッククランチなどでライターとして活躍したブロガーの平野武士氏。ユニークなのは、取材して...
ボイス投稿サイト こえであそぶ koebu~声優・歌のオーディションも開催中~ |歌ってみた・セリフ・ボイスドラマ こえ部で遊んでみよう! - NAVER まとめ 怖い話投稿サイト 怖話(こわばな) ...
一人一人のユニークなストーリー”StoryCorps”... 誰にでも、伝えるべきストーリーがある。米NPO「StoryCorps」の大切な“物語”を残す録音活動 米国NPOの「StoryCorps(ストーリー・コー)」は、ふつうの人々の声と物語を録音するというシンプルな活動を地道に続けてきました。2003年からはじまったこの活動の参加者は、すでに8万人...
専用アプリでファンと共同制作 GLAY つづれ織り ミュージックビデオ・プロジェクト... GLAYとGYAO!のタッグによるビデオクリップ制作企画「GLAYのMVに出演しよう:つづれ織り~so far and yet so close~MV Project」が始動した。 この企画はファンから募集した3000枚の写真をつなぎ合わせてGLAYの楽曲「つづれ織り ~so far and ...
[ednity編1]目立たなかった生徒が、一躍授業のスターになる...  「ednity」は、教師と生徒、生徒と生徒のやり取りに特化した学校向けSNS。公立/私立を問わず、国内の多くの学校現場で活用されている。学校向けSNSに求められる要件とはどんなものか、実際にどんな活用がなされているのか。Ednityの佐藤見竜代表取締役に聞いた。 [ednity...
NTTレゾナント、「教えて!goo」で専門家回答サービスを開始... NTTレゾナント、「教えて!goo」で専門家回答サービスを開始  NTTレゾナントは2015年6月25日、Q&Aコミュニティーサイト「教えて!goo」において、医者や弁護士など各ジャンルの専門家が回答する専門家回答サービスを同日から提供開始したと発表した。より信頼性の高い回答を得られるという。...
クックパッド、「子育て支援」サービスを拡大~ネットとリアル、双方での支援を実現へ... クックパッド、「子育て支援」サービスを拡大~ネットとリアル、双方での支援を実現へ  クックパッドは、産婦人科を通してママ・ベビー向けのサービスを提供している日本テクトをグループの一員として迎えた。ネット上だけでなく、リアルな場所での「妊娠・出産・子育て支援」分野へのサービス拡充を加速させていく...

コメントを残す