[記事数:1,202] 日本を元気にするキーワード、地域活性化×中小企業× ITのTips and Quotes(秘訣と引用文)
creative  link  memo 

未公開ベンチャーの資金調達1.3億円 1~6月、1社あたり



未公開ベンチャーの資金調達1.3億円 1~6月、1社あたり
2015/8/2 23:47日本経済新聞 電子版

icon_ogpnikkei 未公開のベンチャー企業が2015年1~6月に調達した資金は、1社あたり1億3000万円と前年同期の2.6倍に拡大した。世界的な株高で、資金の出し手となるベンチャーキャピタル(VC)の投資姿勢が積極化した。技術や人材を取り込むため、大企業が出資する例も増えている。

調査会社のジャパンベンチャーリサーチ(東京・港)が、ベンチャー企業のエクイティファイナンス(新株発行を伴う資金調達)を集計した。VCなどから聞き取り調査したところ、1~6月は326社が624億円を調達した。1社あたりの調達額(突出した数値の影響を除くため中央値を採用)が1億円を超えたのは、07年の集計開始以来初めて。

株高がVCの投資を後押ししている。投資先の株式上場による資金回収がしやすくなるためだ。産業革新機構は1~6月に京都市のバイオベンチャーなど6社に45億円を投じた。ジャフコも13社に35億円を投じ、前年同期からほぼ倍増させた。

大企業の投資意欲も高まっている。ベンチャー企業の技術や人材を取り込み、成長事業に育てる狙いだ。ソフトバンクはクレディセゾンなどと組み、4月にネット通販のオリガミ(東京・港)に16億円を出資。博報堂も2月にスマートフォンアプリを解析するメタップス(東京・新宿)に米VCなどと共同で43億円を出資した。

トーマツベンチャーサポートの本田知行アドバイザリーサービス事業部長は「大企業はベンチャーへの出資で成長のための時間を買おうとしている」と話している。





FavoriteLoadingお気に入りAdd to favorites
APIを作って儲けるビジネスモデルは四つある... インタビュー&トーク - APIを作って儲けるビジネスモデルは四つある:ITpro API群を作って収益源を創出するビジネスモデルには、どのようなものがあるのか。  大きく、四つある。一つは、フリーミアムモデルと呼ばれ、アプリケーション開発者に対して魅力的なAPIを無償提供...
“日本のモノ作り”を世界へ、DMMがスタートアップ支援の新事業... “日本のモノ作り”を世界へ、DMMがスタートアップ支援の新事業 DMM.comがハードウェスタートアップの企画製造した製品を、一般商品として流通させるための支援事業「DMM.make SELECTION」を開始する。海外拠点も設け、海外での製品販売も支援する。 DMM.comがハードウェスタ...
ベンチャー企業3つの段階「プロ集団」「機能別組織」「チーム」... ベンチャー企業は競争に負けて消えるのではない ベンチャー企業が成長する主な要因は、独自性の高い技術やノウハウを背景にした、魅力的な商品やサービスが主でしょう。一方、衰退する要因はというと競争に負けるというよりも内部から崩壊して自滅するケースの方がずっと多い印象です。 本稿ではベンチャ...
エンジェル税制 エンジェル税制とは、ベンチャー企業への投資を促進するためにベンチャー企業へ投資を行った個人投資家に対して税制上の優遇措置を行う制度です。 ベンチャー企業に対して、個人投資家が投資を行った場合、投資時点と、売却時点のいずれの時点でも税制上の優遇措置を受けることができます。 また、民法組合・投資事業...
配当の「分配可能額」の計算 配当可能限度額【はいとうかのうげんどがく】 企業が、決算期ごとに株主に配当できる上限の金額のことで、旧商法によって定められ、決算期末日時点を基準として算出されていた。ただし、2005年成立の会社法で、その定められていた配当規制が、期中にいつでも配当可能な「剰余金の配当」に変更となった。そのため、配...
平成28年4月1日よりエンジェル税制の申請・相談窓口が都道府県に変更... 都道府県でエンジェル税制の申請を受け付けます 第五次地方分権一括法の施行に伴い、平成28年4月1日よりエンジェル税制の申請・相談窓口が都道府県に変更となります。窓口が都道府県庁となることで、申請者・相談者の利便性の向上が期待されるとともに、都道府県が実施する創業・ベンチャー支援策、中小企業...
米MIT流、ベンチャー企業の成功可能性を測定する方法... マサチューセッツ工科大学のチームは、スタートアップ企業の成功について検証するツールを開発した。 米MIT流、ベンチャー企業の成功可能性を測定する方法 特許を取得したスタートアップ企業は成長の確率が25倍高いというMITの研究について ...
スタートアップがM&A時に注意すべき4つの論点... スタートアップがM&A時に注意すべき4つの論点 2015年に入りスタートアップ企業のM&Aが増加していますが、今後も増加していくと思われます。周囲にも買収された経験のある起業家が増えてきているという実感を持つ読者の方も多いのではないでしょうか。 一方で「俺はIPOしか考えて...
大企業とベンチャーの協業、仕掛け人が後押し ゼロワン、学研や森永のアクセラレータープログラムを支援... 大企業が「アクセラレータープログラム」というプロジェクトの実施を通じて、ベンチャーとの連携を深めている。外部の技術やサービスを取り込み、自社の経営資源と組み合わせて新しい事業を生み出すオープンイノベーションを促進する試みだ。ベンチャーとの付き合いに不慣れな場合には、仲人役の活躍が成否の鍵を握る。学研...
不動産系のスタートアップは、50億円というパイの争奪に向けてビジネスモデルの構築を目指している... 不動産系のスタートアップは、50億円というパイの争奪に向けてビジネスモデルの構築を目指している 2015年02月13日 23:02 不動産系のスタートアップは、50億円というパイの争奪に向けてビジネスモデルの構築を目指している 日本でも不動産系のスタートアップが続々...

コメントを残す