[記事数:1,202] 日本を元気にするキーワード、地域活性化×中小企業× ITのTips and Quotes(秘訣と引用文)
creative  link  memo 

格安SIMの新トレンド「多段階定額」はどれだけお得なのか?



「多段階定額」なら使った分だけ支払える

 翌月のデータ通信量を予測して料金プランを決めるのは難しいが、余計な出費は抑えたい。そんなジレンマからユーザーを救ってくれる格安SIMが、相次いで登場した。日本通信によるb-mobileの「おかわりSIM」と、プラスワンマーケティングによるFREETELの「FREETEL SIM」だ。

 どちらのSIMも料金プランは1種類だけで、プランを選択するという概念がない。代わりに月間データ容量の上限が数段階に分けて設定されており、容量が増えるほど月額料金も増える「多段階定額」の料金プランになっている。実際に利用したデータ通信量に応じた月額料金を支払えるので、通信量が少なかった月は安上がりだ。反対に通信量が多かった月はその分月額料金も上がるものの、速度制限で不便な思いをすることはない。

5段階定額制のb-mobile「おかわりSIM」
002_px400

音声通話にも対応する「FREETEL SIM」
003_px400

小容量プランと多段階定額制格安SIMを比較
004_px400

一般的な料金プランと多段階定額制格安SIMを比較
005_px400





FavoriteLoadingお気に入りAdd to favorites
MVNO/格安SIM比較検索 MVNO/格安SIM比較検索 | 最速資産運用

コメントを残す