[記事数:1,202] 日本を元気にするキーワード、地域活性化×中小企業× ITのTips and Quotes(秘訣と引用文)
creative  link  memo 

組織を変革する真のリーダー「イノベーションの 設計者」



組織を変革する真のリーダー「イノベーションの 設計者」

「イノベーションを現場で実行させること」は、現代のマネジメント層が抱える課題のひとつである。社内研修やブレスト合宿を行っても、その日限りで現場に落とし込めず、徒労となった経験はあるだろう。個人がイノベーターになるのは一昼夜ではできないが、イノベーションを起こす組織づくりが注目されている。

「イノベーションの設計者」を提唱するのはパディ・ミラー氏。IESEビジネススクールの教授を務めるイノベーション研究者だ。

「イノベーションは現場から起こすべきです。マネジメント層、中間層は自身がイノベーターにならなくてもよい。イノベーションの設計者となり、イノベーションが起こせる環境をつくることが真のリーダーの仕事です」

イノベーションは日々の仕事のなかに― 価値ある変化のしかけ方
パディ・ミラー (著
)トーマス・ウェデル=ウェデルスボルグ (著)
平林 祥 (翻訳)
英治出版
本体1,500円+税

設計者は、日常業務の一環として革新的な行動を実践できる職場環境をつくり、イノベーターとなりうる人物を探し出し、チームで実行するサポートをしていく。その設計者の行動を体系立てた書籍が『イノベーションは日々の仕事のなかに』である。

本書の中で、パディ氏はイノベーションを生み出す「5つの行動+1」を提言した。行動は、(1)フォーカス、(2)外の世界とつながる、(3)アイデアをひねる、(4)アイデアを選ぶ、(5)ひそかに進める(ステルスストーミング)の5つ。そして「あきらめない」という+1だ。

社内政治をくぐり抜けて「ひそかに進める」

「日本企業で特に重要なのは、『ひそかに進める』ことです。日本は教育の深さは世界トップクラスですが、縦割りの組織風土に縛られています。しかしイノベーションを起こすには、社内政治を理解し、くぐり抜けながら進めないとうまくいきません。イノベーションを起こせる部下をサポートするのも、設計者の役割です」

さらにイノベーションの出発点は、「重要な何かに気づくこと」だという。日々の暮らし中に存在する可能性に、現場で気づき、創造的な選択ができることが重要だ。

「中小企業はイノベーションの大きな可能性を秘めています。トップが現場に近く、フットワークの軽いという利点を活かすべきです」

経済危機と言われる現代だが、全ての社会システムに課題があり、イノベーションの源泉に溢れている。真のリーダーとして、イノベーションの設計者として組織を変えてみてはどうか。

IESEビジネススクール教授 パディ・ミラー氏

今月の注目の3冊

世界はシステムで動く― いま起きていることの本質をつかむ考え方
ドネラ・H・メドウズ(著)
枝廣淳子(翻訳)
小田理一郎(解説)
英治出版
本体1,900円+税

『世界がもし100人の村だったら』のメドウズによるシステム思考の概説書である。システム思考は、社会の現象をシステムとしてとらえ、全体を描き、理解することで、課題の洞察や本質的な解決策を考える方法である。難解になりがちなシステム思考を豊富な事例と例えで分かりやすく解説している。じっくり読み解けば、事業構想に必要な俯瞰的な思考力、未来思考の鍛錬になるだろう。

0ベース思考どんな難問もシンプルに解決できる
スティーヴン・レヴィット (著)
スティーヴン・ダブナー (著)
櫻井祐子 (翻訳)
ダイヤモンド社
本体1,800円+税

『フリーエコノミクス(ヤバい経済学)』で一世を風靡した経済学者の新刊である。常識にとらわれない人=フリークとして、どのように0ベースで発想するかを豊かなストーリーの中で語られている。偏見を捨て、事実を積み上げることで課題の本質に迫る流れは、事業構想のアイデア発想に通じるものがある。著者は「課題解決思考に王道なし」と語るが、その言葉自身が一つの王道である。

描きながら考える力~The Doodle Revolution~
サニー・ブラウン (著)
壁谷さくら (翻訳)
クロスメディア・パブリッシング(インプレス)
本体2,480円+税

これまでのビジネスの世界は左脳的で、論理と分析こそが、よい意思決定の基礎だった。しかし、現在のビジネス環境では、「創造性」が求められ、右脳的発想法の重要性が増している。本書には、「ラクガキ」をしながら思考を発展させるノウハウが詰まっている。「描くこと」が苦手な人も本書を通じて「ラクガキ」でアイデアを飛躍させるプロセスを体感して欲しい。

イノベーションの普及

新しい事業が市場浸透するためには、顧客の性質区分に基づいた購買シェアを観察して必要顧客の変化を理解し、マーケティング戦略を検討することが適切だと、ロジャーズはいう。

本書で、イノベーション属性を5つの要点で説明する。(1)相対的優位性、(2)両立可能生、(3)複雑性、(4)試行可能性、(5)観察可能性である。また、購買者を(1)イノベータ、(2)初期採用者(アーリアダプタ)、(3)初期多数派(アーリマジョリティ)、(4)後期多数派(レイトマジョリティ)、(5)ラガード、と5つの購買段階に分け、性質の違いを説明した。

初版発刊から40年間、多くの文献の分析を重ね、最新の研究やトピックが盛り込まれ、「イノベーションはどのように伝播していくのか」という問いに理論的かつ経験的に解説をする一冊だ。

イノベーションの普及
エベレット・ロジャーズ (著)
三藤 利雄 (翻訳)
翔泳社
本体4,800+税





FavoriteLoadingお気に入りAdd to favorites
イノベーター理論 キャズム理論 イノベーター理論(Innovator theory)  イノベーター理論とは、1962年にスタンフォード大学の社会学者であるエベレット・M・ロジャース(Everett M. Rogers)によって提唱された、新製品や新サービスの市場浸透に関する理論のこと。  Innovator theory...

コメントを残す