[記事数:1,202] 日本を元気にするキーワード、地域活性化×中小企業× ITのTips and Quotes(秘訣と引用文)
creative  link  memo 

155万サイトが改ざん被害、WordPressのREST API脆弱性を20のグループが攻撃、米Feedjit報告



155万サイトが改ざん被害、WordPressのREST API脆弱性を20のグループが攻撃、米Feedjit報告

WordPress向けのセキュリティプラグイン「Wordfence Security」を提供している米Feedjitは、WordPressのREST APIの処理に起因する脆弱性を突いた攻撃により改ざんされたウェブサイトが2月9日までに155万サイトを超えたことを明らかにした。「WordPressに関連する脆弱性のうち、最悪のもの」としている。

Feedjitでは、WordPressより脆弱性情報が発表された1日以降、顧客企業に提供しているファイアウォールで攻撃の観測を開始。2日までは攻撃は観測されなかったが、3日に初めて発生。その後5日までに増加を続け、5日にはファイアウォールに設定したルールを回避する亜種を発見したという。亜種による攻撃は7日以降に急増している。

Feedjitでは、20のグループによる攻撃キャンペーンを観測。Googleでは改ざんされたページもインデックスされているため、Feedjitでは改ざんされたサイトに残される署名についてGoogle検索で分析を行った結果、「MuhmadEmad」という攻撃グループによる39万7000サイトの改ざんをはじめ、20のグループ合わせて155万以上のサイトが改ざんされていることが判明したという。

「MuhmadEmad」に改ざんされたサイトの例

Feedjitでは、Googleトレンドにより、攻撃の成功率の指標も分析している。これによれば、攻撃キャンペーンは4日に始まり、キャンペーンごとに6日と8日にピークがあり、現在は収束に向かっているものの、まだ継続していることが分かる。

また、Feedjitによれば、一度改ざんされたサイトが、別の攻撃グループに再度改ざんされる例も起きているという。

「HolaKo」という攻撃グループと、「Imam」という攻撃グループに改ざんされたサイトの例

Feedjitでは、WordPressのREST APIの脆弱性を悪用した攻撃を行う上位25のIPアドレスもブログで公表している。

WordPressのREST API処理に起因する脆弱性は、REST APIがデフォルトで有効となっているバージョン「4.7」「4.7.1」が影響を受け、1月26日に公開されたバージョン「4.7.2」で修正されている。

WordPressサイトの改ざん被害は150万件超に 「最悪級の脆弱性」

「今回、被害に遭っているサイトは、WordPress 4.7.2にアップグレードするまで何度も何度も改ざんされ続ける」とセキュリティ企業は警告している。

1月下旬のパッチで修正されたWordPressの深刻な脆弱性を突く攻撃が横行している問題で、セキュリティ企業の米Feedjitは2月9日、同日までにFeedjitが把握しているだけで20あまりの集団が別々に攻撃を展開し、改ざんされたページの総数は150万を超えていると報告した。

セキュリティ企業のSucuriは2月6日の時点で、ハッキング集団は4集団、改ざんされたページは6万6000ページと伝えており、わずか数日で事態が一層深刻化している様子がうかがえる。

Feedjitでは、今回の脆弱性が発覚して以来、WordPressを狙う攻撃の成功率も急上昇したと指摘し、「WordPress関連では最悪級の脆弱性」と位置付けた。

photo
集団別の改ざん被害数。20あまりの集団が別々に攻撃を展開しているという(出典:Feedjit)

悪用が横行しているのは、WordPressが1月26日にリリースした更新版の4.7.2で修正した脆弱性。特に深刻なREST APIの脆弱性については、2月1日まで待ってから情報が公開された。REST APIの脆弱性を悪用された場合、認証を受けないユーザーがWordPressサイトのコンテンツやページを改ざんできてしまう可能性がある。

Feedjitによると、攻撃は3日ごろから急増し、6日になると、Feedjitや他社のファイアウォールがこの攻撃を食い止めるために設定していたルールをかわす新たな亜種が見つかった。このためFeedjitでは同日、プレミアムサービスの顧客向けに新たなルールをプッシュ配信したという。

photo
脆弱性を悪用した攻撃のイメージ(出典:IPA)

WordPressを狙ったサイト改ざん攻撃は、2014年半ばからこれまで、ほとんど成功しない状況が続いていたという。ところがREST APIの脆弱性情報が公開された2月初旬以降、攻撃の成功率は急上昇した。

それぞれの攻撃集団が互いに競って脆弱性のあるWordPressサイトを改ざんし、何度も被害に遭っているサイトもあるとFeedjitは報告。「今回被害に遭っているWebサイトは、WordPress 4.7.2にアップグレードするまで、何度も何度も改ざんされ続ける」と警告している。





FavoriteLoadingお気に入りAdd to favorites
深刻な脆弱性に対応した「WordPress 4.2.2」が公開 – 即時更新を推奨... 深刻な脆弱性に対応した「WordPress 4.2.2」が公開 – 即時更新を推奨 深刻な脆弱性を解消したセキュリティアップデート「WordPress 4.2.2」が公開された。WordPressの開発チームは、早期適用を呼びかけている。 今回のアップデートは、コンテンツマネジメントシス...
WordPressのプラグイン「WP Super Cache」に深刻な脆弱性... WordPressのプラグイン「WP Super Cache」に深刻な脆弱性 悪用されれば管理者アカウントを追加されたり、バックドアを挿入されたりする恐れがあるという。 Webページの表示を高速化するためのWordPress用プラグイン「WP Super Cache」に深刻な脆弱性が発見...
WordPressプラグイン「CCTM」にバックドア見つかる... WordPressプラグイン「CCTM」にバックドア見つかる 世界で最も多く使われているCMSであるWordPressは、ユーザーが多いことからサイバー攻撃の対象とされるケースが多い。また、WordPressをカスタマイズする目的で使われるプラグインに脆弱性が見つかることも多く、プラグインも...
「WordPress 4.5.3」がリリース – 複数の脆弱性を解消... 「WordPress 4.5.3」がリリース - 複数の脆弱性を解消 コンテンツマネジメントシステム(CMS)である「WordPress」の開発者グループは、脆弱性や不具合を解消した最新版「WordPress 4.5.3」を公開した。更新を強く推奨している。 今回のアップデートは、セキュ...
「PHPMailer」の脆弱性、「WordPress」などでは悪用できず... 「PHPMailer」の脆弱性、「WordPress」などでは悪用できず PHPライブラリ「PHPMailer」に脆弱性が見つかった問題で、同ライブラリを利用する「WordPress」「Joomla!」「Drupal」いずれも、コア部分では脆弱性を悪用される懸念がないことがわかった。 問...
ISISと称する攻撃者によるWebサイト改ざん、WordPressプラグイン「Fancybox fo... ISISと称する攻撃者によるWebサイト改ざん、WordPressプラグインの脆弱性を悪用か キヤノンITソリューションズは3月20日、セキュリティ情報を提供する「マルウェア情報局」で「Islamic State (ISIS)」と称する攻撃者により、複数のWebサイトが改ざんされる...
古いバージョンのWordPressとDrupalがパナマ文書漏洩に関与か... 古いバージョンのWordPressとDrupalがパナマ文書漏洩に関与か WordPressに関する記事を専門的に掲載しているWordPress Vaternに4月6日(米国時間)に掲載された記事「Outdated and Vulnerable WordPress and Drupal V...
60万以上のサイトで導入済のWordPress用フォームプラグイン「Ninja Forms」に脆弱性... 60万以上のサイトで導入済のWordPress用フォームプラグインに脆弱性 コンテンツマネジメントシステム(CMS)の「WordPress」向けに提供されているプラグイン「Ninja Forms」に、SQLインジェクションの脆弱性が判明した。 同プラグインは、フォーム機能を追加できるソフ...
Lenovo、今度はThinkPadにユーザーデータ収集ソフトを潜ませていた... 2015年9月25日 20時59分 Lenovo、今度はThinkPadにユーザーデータ収集ソフトを潜ませていた 今年2月、中国メーカーのLenovoが、販売しているノートパソコンへ密かに凶悪なアドウェアを混入していることが発覚しましたが、今回新たに、ユーザーデータを収集するソフトウェアを埋...
WP人気SEOプラグイン「WordPress SEO by Yoast」にブラインドSQLiやCSR... WP人気SEOプラグインにブラインドSQLiやCSRFの脆弱性 コンテンツマネジメントシステム(CMS)の「WordPress」向け提供されているプラグイン「WordPress SEO by Yoast」において複数の脆弱性が修正された。 同製品は、WordPressにおいてサーチエンジ...

コメントを残す