[記事数:1,202] 日本を元気にするキーワード、地域活性化×中小企業× ITのTips and Quotes(秘訣と引用文)
creative  link  memo 

Excel関数 住所の数字を半角数字に変換する(ASC関数)



●概要●
複数の人が作成した住所録データなどを集めると、入力方法の違いにより全角数字と半角数字が混ざってしまうことがあります。 今回は、文字列内の全角英数カナ文字を半角英数カナ文字に変換するASC関数を使い、文字列に含まれる数字を半角に統一する方法を紹介します。

●詳細●
変換後のデータを表示したいセルを選択しASC関数を入力します。
【ASC関数の書式】

文字列に含まれる英数字が半角で表示されます。
【例】セルE1に含まれる全角英数字を半角に変換する数式を、セルF1に入力する

●補足●
ASC関数は、文字列内の全角英数カナ文字を変換する関数のため、文字列に全角アルファベットや全角カナ文字が含まれていた場合は半角に変換されます。
半角にしたデータを、数式ではなく文字列として保持しておきたい場合は、[コピー]と[形式を選択して貼り付け]-[値]でデータを変換しておきましょう。





FavoriteLoadingお気に入りAdd to favorites
Excel VBAでリンク切れをチェックしたい。... 図のように、リンク一覧からリンクを調べ、問題なければ「○」を表示し、リンク切れの場合は「×」を表示 ユーザー定義関数の戻り値は、いくつかあります。ステータス200は、◯ですが、その他は、種類がいろいろありますので、×にせずに数値や文字にしました。基本的に、ステータスコードの20...
Excel 外部のブックにリンクしているセルを検索する... Microsoft Excel のファイルを開くと、他のデータソースへのリンクが含まれていることを知らせるメッセージが表示される場合があります。 自分で作った Excel ファイルの場合、このようなメッセージが表示されたら、その Excel ファイル内で、別の Excel ファイルの内...
Excel「12月30日(月)」のように日付を入力すると曜日も表示する書式設定... Excelではセルの書式設定の表示形式を変えると、同じデータをさまざまな形式で表示できます。 その中でも「日付を入力すると曜日も自動表示される方法」を覚えておくと、使えるシーンも多いので重宝します。かんたんなのでぜひマスターしてください。 まず、曜日を表示させたいセルに日付を入力します。...
Excel データ整理・名寄せに使える技 COUNTIFS関数により「重複」と表示させる 1.セル① 重複しているか確認する列のデータの一番上のセルを指定 2.セル② 数値①と同じ列で、数式と同じ行のセルを指定 3.セル③ 重複しているか確認する列のデータの一番上のセルを指定 4.セル④ 数値①と同じ列で、数式と同じ行の...
ExcelGmap Excelで入力した住所を経度緯度変換しGooglemapに表示... ExcelGmap Excelで入力した住所を経度緯度変換しGooglemapに表示 ExcelGmapとは Excelに入力した住所から経度・緯度を求め、画面いっぱいにGoogleマップを表示してポイントアイコンを表示するEXCELファイルです。ポイントアイコンをクリックすることで...
住所⇔緯度・経度変換 地理院マップシート... 「地理院マップシート」とは、Microsoft(R)Excel のマクロ機能を利用したファイルです。 住所録等の帳票データを「地理院地図」に簡単に展開して「地図上に見える化」することができます。 「地理院マップシート」は平面直角座標系、UTM・UTMポイントの座標値変換も可能です。ま...
Excel セル内の改行を検索/置換する方法 Ctrl + J... ①改行した位置にカーソルを入れ、Delete(デリート)キーやBack Space(バックスペース)キーで解除します。 ②ホームタブの「置換」機能を使います。検索する文字列に「Ctrl(コントロール)+ J 」キーを押し置換後の文字列は空白にします。 この置換機能を使用したあと、...
Word 2つの文書を比較して差分を表示 Wordにも、2つの文書を比較して差分を教えてくれる機能があった! 2つのファイルを差分比較するのに何を使っていますか? WordにもDiff(ファイル比較)ソフトと同等の機能が備わっているんです! 複数ファイルのテキスト内容を横並びに表示し、隣のファイルと比較して相違がある箇所を教えてくれ...
Excel 数字を4桁区切りで表示する方法... 「下4桁と下5桁の間に『,』という文字を挿入する」 という考え方に切り替えてみる。 ユーザー書式の中で、任意の文字を加えたい場合は、その文字の前後を"(ダブルクォーテーション)で挟むことによって「数字や演算記号ではなく文字列扱い」にすることができる。 つまり と書いて...




コメントを残す