[記事数:1,202] 日本を元気にするキーワード、地域活性化×中小企業× ITのTips and Quotes(秘訣と引用文)
creative  link  memo 

Excel ハイパーリンクのURLを別のセルに表示したい



現在アクティブなシートのすべてのハイパーリンクのURL を 右隣のセルに書き出すマクロです。

マクロのセキュリティを中にしてエクセルを再起動する(ご利用のエクセルのバージョンに応じた方法で)
ブックを開く
ALT+F11でVBE画面を出す
挿入メニューから標準モジュールを挿入する
現れたシートに下記をコピー貼り付ける

データの上のセルにurlを書き出す





FavoriteLoadingお気に入りAdd to favorites
Word 2つの文書を比較して差分を表示 Wordにも、2つの文書を比較して差分を教えてくれる機能があった! 2つのファイルを差分比較するのに何を使っていますか? WordにもDiff(ファイル比較)ソフトと同等の機能が備わっているんです! 複数ファイルのテキスト内容を横並びに表示し、隣のファイルと比較して相違がある箇所を教えてくれ...
Excel VLOOKUP関数で#N/Aエラーを表示させない&結果を0にしない方法... エクセル(Excel)で関数の値が空だったり、検索対象の範囲内に該当する検索値がなかった場合、#N/Aエラーになります。 IFERROR関数を使うと#N/Aの表示を消す(表示しない)ように指定することができます。 IFERROR関数を使って#N/Aエラーを表示しない方法 ...
Excel VBA Wikipediaからタイトル、本文のダイジェスト、Wikipediaへのリンク... はじめに 今回は、インターネット上の百科事典「Wikipedia」をExcelから利用してみます。ブラウザの画面では情報が多すぎますが、APIを使うことにより、要約されたテキストとして取得できるので、用語一覧などを作る際にも便利です。動作確認は、Windows 7、Excel 20...
Excel 複数の条件に一致するデータの個数を求めるCOUNTIFS関数... COUNTIFの複数条件 COUNTIFS関数 下のような表で「女性の人数を数えたい」といった場合、COUNTIF関数を使って「性別」欄に「女」と入力されているセルの個数を数えれば女性の人数を調べられます。 ところが「35歳以上の女性の人数を数えたい」といった条件だった場合、「性別」...
住所⇔緯度・経度変換 地理院マップシート... 「地理院マップシート」とは、Microsoft(R)Excel のマクロ機能を利用したファイルです。 住所録等の帳票データを「地理院地図」に簡単に展開して「地図上に見える化」することができます。 「地理院マップシート」は平面直角座標系、UTM・UTMポイントの座標値変換も可能です。ま...
エクセルのデータを2段組みで印刷したい場合は、編集はエクセルで、印刷はワードで行う... エクセルのデータを2段組みで印刷したい場合は、編集はエクセルで、印刷はワードで行うのがお勧めです。 エクセルのデータ範囲を(今後のデータの追加に対応できるように少し大きめに)選択し、右クリック「コピー」、ワードで新規文書を開き、ページレイアウトタブの段組みから2段を選択しておき、右クリック「形...
iタウンページのデータ取得をしてエクセルやCSVに変換して利用する方法... 賢早くんってなに? Excel だけでインターネットタウンページの情報を簡単に一括収集することができます。 また、住所から郵便番号の一括検索機能も搭載しています。 DM(ダイレクトメール)の住所検索などにも利用できます。 ◆ タウンページ検索 シートに、キーワードを羅列し対象となる地域...
Excel SUBSTITUTE関数で指定した文字を他の文字に置き換える方法 2 番目だけの置き換え... SUBSTITUTE関数の使い方 Excel(エクセル)のSUBSTITUTE関数は、文字列中の指定した文字を他の文字に置き換えます。 できること 他の文字に置き換える Excelの対応バージョン Excel2...
Excel データ整理・名寄せに使える技 COUNTIFS関数により「重複」と表示させる 1.セル① 重複しているか確認する列のデータの一番上のセルを指定 2.セル② 数値①と同じ列で、数式と同じ行のセルを指定 3.セル③ 重複しているか確認する列のデータの一番上のセルを指定 4.セル④ 数値①と同じ列で、数式と同じ行の...
Excel 数字を4桁区切りで表示する方法... 「下4桁と下5桁の間に『,』という文字を挿入する」 という考え方に切り替えてみる。 ユーザー書式の中で、任意の文字を加えたい場合は、その文字の前後を"(ダブルクォーテーション)で挟むことによって「数字や演算記号ではなく文字列扱い」にすることができる。 つまり と書いて...

コメントを残す