[記事数:1,202] 日本を元気にするキーワード、地域活性化×中小企業× ITのTips and Quotes(秘訣と引用文)
creative  link  memo 

fullPage.jsを WordPressのウェブサイトにつかうプラグインWP FullPage



あなたの管理エリアにプラグインWP FullPageをインストールしてアクティブにした後3新しいアイテムになりますFullPage、FullPageセクション、FullPageスライドと同様に、「オプション」で(オプション)は、サブWP FullPageを受け取ります。

プラグインWP FullPageを設定

サイトの別のセクションにエフェクトバーを作成するために進んでください:

まず、ページFullPageの構造を考えてみます。

ページFullPageはセクションで構成され – その数は、HTMLコードで何もすることができ、それが(例のページでは4つのセクションで構成されて)次のようになります。

1 <divのid = "fullpage">
2     <div クラス= "セクション">セクション1 </ DIV>
3     <div クラス= "セクション">セクション2 </ DIV>
4     <div クラス= "セクション">セクション3 </ DIV>
5     <div クラス= "セクション">第4章</ DIV>
6 </ DIV>

ターンでは、セクションでは、スライダーを含めることができます。

1 <div クラス= "セクション">
2     <div クラス= "スライド">スライド1 </ DIV>
3     <div クラス= "スライド">スライド2 </ DIV>
4     <div クラス= "スライド">スライド3 </ DIV>
5     <div クラス= "スライド">スライド4 </ DIV>
6 </ DIV>

たとえば、の4つのセクター、2位でスライダーガザとページFullPageを作成してみましょう。

ページを作成するには、FullPageを指すようにする必要があります。

我々はFullPageセクションを指定する必要がありセクターを作成します。

スライダーを作成するには、FullPageスライドを指すようにする必要があります。

あなたは、任意の順序でそれらを作成することができます。

ページを作成する1. [スタート]:

効果fullpageでページを作成します。

スクリプトfullpage

ページのタイトルを入力して、ウィンドウWP Fullpageオプションに取り掛かります。

セットアップのWP fullpage

Fullpageオプションとセクションのオプション:それは2つの項目で構成されています。

セクタースナップタブセクションのオプションを搭載し、それに移動します。

作成セクターがfullpage

それはあなたがタイプのセクターを選択できることに注意する価値がある:セクション、ポスト分類法、ポストタイプ。件名セクション(支店)ここでは、«セクション追加»を使用して-ページ・セクタに追加することができます。

2.セクターを作成します。

部門は、我々は持っていませんが、私たちはそれらを作成するために開始し、そのためにFullPageセクションに進みます:

fullpage.js内のページ、セクタースライドを作成します。

通常のレコードのようなセクターを作成し、ワードプレスでページを作成するので、4つのセクターを作成します。

セクターのWP fullpageを作成します。

その結果、4部門を持っています:

セクターfullpage

今度は、このページのパラグラフ1に、私たちに設立され、当社のセクターを結ぶましょう – あなたはFullPageに入ると、このために、さらに窓WP Fullpageオプションにダウンした、タブセクションのオプションボタンに移動し、«セクション追加»を、セクターによって作成されたすべての4の追加]をクリックします:

サイトのセクターページを追加

その結果、当社のページは4セクタを追加します。
部門は、Webページに追加

今、私たちは私たちのページはこのページを更新し、ボタン「ビューの変更」をクリックしてどのように見えるかを確認することができます。

fullpage

ページは次のようになります。

サイトのページの分野別内訳

スライダー – それでは、セクター2に追加してみましょう。

スライダーセクターセクターへの追加のプロセスは、ページに追加することに似ています。

:adminにFullPageセクションを選択し、セクター2を選択し、ウィンドウWP Fullpageオプションに下って行った、タブスライダーオプションに行く – 私たちは、セクター2に目を向けます

セクターのスライダーを作成します

ここでは、上にスライド型スライドを変更する必要があり、我々はセクターのスライダーにボタンを追加する必要があります – «スライドを追加します»:

セクターにスライダーを追加

3.スライダーを作成します。

今つまり、スライダーの作成に進み、FullPageスライドに進みます。





FavoriteLoadingお気に入りAdd to favorites
Jetpackタイルギャラリーの横幅を指定する方法... 通常、デフォルトの状態はタイルギャラリーの横幅は「500px」で固定されています。 これを任意の横幅で指定するには、テーマファイルの[functions.php]に以下のコードを記述します。 【WordPress】プラグイン[Jetpack]の機能「タイルギャラリー」の横幅...
WP Tiles-Grid layout プラグイン for WordPress... WP Tiles Last Updated: 4 weeks ago Active Installs: 7,000+ ◎グリッドのタイルを自身で設定できる、自由度が高い カスタム投稿も表示可能 カテゴリーやカスタム分類も指定可能 表示切替も可能 リンク先をコンテンツ、写真、リンクしない...
Video Backgrounds for SiteOrigin Page Builder Video Backgrounds for SiteOrigin Page Builder Requires: 3.4 or higher Compatible up to: 4.4.2 Last Updated: 4 months ago Active Installs: 3,000+ ...
自サイトのあるURLを別のURLへリダイレクトさせる設定ができるWordPressプラグイン... Redirectionは、自サイトのあるURLを別のURLへリダイレクトさせる設定ができるWordPressプラグインです。こちらもサイトの移転時や、URLの変更時などに役立ちます。 Redirection...
WordPress Plugins 「TOPに戻る」ボタンを付けるプラグイン... WordPress Plugins よくある「一番上に戻る」「TOPに戻る」 ボタンを付けてくれます。このサイトでも付けてます。右下に表示されているのがそれです...
WordPress上で広告の管理ができるプラグイン... Adrotateは、WordPress上で広告の管理ができるプラグインです。広告のA/Bテスト、ランダム表示、インプレッションなどの効果測定、広告の掲載期間設定などを行うことができます。ポータルサイトやメディアサイトなどで純広告を扱うケースなどで活用できます。 Adrotate...
お気に入りを登録できる WP Favorite Posts... お気に入り登録されたものを一覧表示するショートコード [wp-favorite-posts]※[]は半角 「この記事をお気に入りに追加」を実装できるWordPressプラグイン・WP Favorite Posts - かちびと.net お気に入りを登録でき...
カテゴリーページに説明文を入れる方法... プラグイン不要!WordPressカテゴリーページに説明文を入れる方法 カテゴリ・投稿タグ説明文でリッチテキスト(html)を使えるようにするプラグイン「Rich Text Tags」 | Maku_zin Ver2.1.1 ・ケース1: ...
WordPressでカテゴリー別にテーマを変更させるGYS Themed Categories... このプラグインは、カテゴリー毎に違うテーマを表示してくれます。 管理者画面の”外観”→”テーマ”にお気に入りのテーマを追加するだけで、“投稿”→”カテゴリー”画面によって自由にテーマを指定することができるのです。 ※注-2012年5月2日から更新されていない Wo...
コピペ防止プラグイン「WP-Copyright-Protection」... コピペ防止プラグイン「WP-Copyright-Protection」 ブログの記事がコピペできないようにするプラグイン。むしろ、コピペどころか、右クリックすらできない。 最近は記事を盗用してアップロードしてしまうような人本当にいるので、こういったプラグインで自分の身を守ることも考えなけ...

コメントを残す