[記事数:1,202] 日本を元気にするキーワード、地域活性化×中小企業× ITのTips and Quotes(秘訣と引用文)
creative  link  memo 

fullPage.jsを WordPressのウェブサイトにつかうプラグインWP FullPage



あなたの管理エリアにプラグインWP FullPageをインストールしてアクティブにした後3新しいアイテムになりますFullPage、FullPageセクション、FullPageスライドと同様に、「オプション」で(オプション)は、サブWP FullPageを受け取ります。

プラグインWP FullPageを設定

サイトの別のセクションにエフェクトバーを作成するために進んでください:

まず、ページFullPageの構造を考えてみます。

ページFullPageはセクションで構成され – その数は、HTMLコードで何もすることができ、それが(例のページでは4つのセクションで構成されて)次のようになります。

1 <divのid = "fullpage">
2     <div クラス= "セクション">セクション1 </ DIV>
3     <div クラス= "セクション">セクション2 </ DIV>
4     <div クラス= "セクション">セクション3 </ DIV>
5     <div クラス= "セクション">第4章</ DIV>
6 </ DIV>

ターンでは、セクションでは、スライダーを含めることができます。

1 <div クラス= "セクション">
2     <div クラス= "スライド">スライド1 </ DIV>
3     <div クラス= "スライド">スライド2 </ DIV>
4     <div クラス= "スライド">スライド3 </ DIV>
5     <div クラス= "スライド">スライド4 </ DIV>
6 </ DIV>

たとえば、の4つのセクター、2位でスライダーガザとページFullPageを作成してみましょう。

ページを作成するには、FullPageを指すようにする必要があります。

我々はFullPageセクションを指定する必要がありセクターを作成します。

スライダーを作成するには、FullPageスライドを指すようにする必要があります。

あなたは、任意の順序でそれらを作成することができます。

ページを作成する1. [スタート]:

効果fullpageでページを作成します。

スクリプトfullpage

ページのタイトルを入力して、ウィンドウWP Fullpageオプションに取り掛かります。

セットアップのWP fullpage

Fullpageオプションとセクションのオプション:それは2つの項目で構成されています。

セクタースナップタブセクションのオプションを搭載し、それに移動します。

作成セクターがfullpage

それはあなたがタイプのセクターを選択できることに注意する価値がある:セクション、ポスト分類法、ポストタイプ。件名セクション(支店)ここでは、«セクション追加»を使用して-ページ・セクタに追加することができます。

2.セクターを作成します。

部門は、我々は持っていませんが、私たちはそれらを作成するために開始し、そのためにFullPageセクションに進みます:

fullpage.js内のページ、セクタースライドを作成します。

通常のレコードのようなセクターを作成し、ワードプレスでページを作成するので、4つのセクターを作成します。

セクターのWP fullpageを作成します。

その結果、4部門を持っています:

セクターfullpage

今度は、このページのパラグラフ1に、私たちに設立され、当社のセクターを結ぶましょう – あなたはFullPageに入ると、このために、さらに窓WP Fullpageオプションにダウンした、タブセクションのオプションボタンに移動し、«セクション追加»を、セクターによって作成されたすべての4の追加]をクリックします:

サイトのセクターページを追加

その結果、当社のページは4セクタを追加します。
部門は、Webページに追加

今、私たちは私たちのページはこのページを更新し、ボタン「ビューの変更」をクリックしてどのように見えるかを確認することができます。

fullpage

ページは次のようになります。

サイトのページの分野別内訳

スライダー – それでは、セクター2に追加してみましょう。

スライダーセクターセクターへの追加のプロセスは、ページに追加することに似ています。

:adminにFullPageセクションを選択し、セクター2を選択し、ウィンドウWP Fullpageオプションに下って行った、タブスライダーオプションに行く – 私たちは、セクター2に目を向けます

セクターのスライダーを作成します

ここでは、上にスライド型スライドを変更する必要があり、我々はセクターのスライダーにボタンを追加する必要があります – «スライドを追加します»:

セクターにスライダーを追加

3.スライダーを作成します。

今つまり、スライダーの作成に進み、FullPageスライドに進みます。





FavoriteLoadingお気に入りAdd to favorites
ユーザーに登録してもらう内容を増やすwordpress プラグイン... Cimy User Extra Fields ユーザーに登録してもらう内容を増やすプラグイン。 例えば、年齢が欲しいとか性別がほしいとかいう場合に、このプラグインを使えば登録項目が増やせます。 ユーザーに登録させず、管理者だけが登録する項目も作れるので、例えばこの会員さん好みだな。とか思っ...
Facebook ページでの投稿を WordPress にインポートするプラグインWP Facebo... WordPress › WP Facebook Portal « WordPress Plugins WP-Facebook-Portal の使い方 Facebook ページID の確認方法 Facebook アプリID取得方法 ...
オンライン講座サイトが作れるwordpress プラグイン... Sensei $129.00–$279.00 オンライン講座サイトが作れるプラグインです。 Sensei - A Learning Management System for WordPress ...
WordPressに綺麗なグラフやチャートを表示するプラグインまとめ... (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); h3.widget-title { position: relative; padding-bottom: .5em; border-bottom: 1px solid ...
MW WP Form 確認画面付きメールフォームプラグイン... MW WP FormとContact Form7の違いは、 「お問い合わせ画面」「確認画面」「送信完了画面」「エラー画面」を作ることが出来る点と、メールのデータをデータベース内に保存する事が出来る点です。 Contact Form7よりも使いやすいお問い合わせフォーム用WordPres...
Infinite Timeline Requires: 3.8 or higher Compatible up to: 4.1.10 Last Updated: 1 year ago Active Installs: 200+ post_type: 投稿タイプ(post または page または、カスラ...
写真やアイコンなどの画像販売サイトに出来るプラグイン・Image Store... Image Storeであなたが撮影した写真を販売することができます。こちらも画像販売サイトとしてWebサービス化できそう。スライドショーやライトボックスでの表示も最初から設定されています。「Settings」で画像の料金、サイズ、スライドショー、ウォーターマークなどの設定ができます。 写真や...
MapPress Proの便利さに驚いた3つのこと 1.Geocoding:カスタムフィールドの情報から自動で地図を作ってくれる 2.mushup:各記事で作成した地図を1つの地図にまとめることができる 3.query:マッシュアップする地図の内容を、投稿タイプやタクソノミーで選別できる 無償版と有償版、大きな3つの違い 1.カスタムフィ...
AJAX Thumbnail Rebuild サムネイル(アイキャッチ)画像を再生成するWordPr... 最初にRegenerate Thumbnailsというプラグインを試してみたのですが、実行した途端サーバーに負荷がかかりまくって急激に重たくなりサーバーが落ちかけました。 調べてみたところ、Regenerate Thumbnailsは一度にすべての画像を処理する仕様のためサーバに負...
簡単にクイズが作れるWordPressプラグイン... (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); h3.widget-title { position: relative; padding-bottom: .5em; border-bottom: 1px solid ...

コメントを残す