[記事数:1,202] 日本を元気にするキーワード、地域活性化×中小企業× ITのTips and Quotes(秘訣と引用文)
creative  link  memo 

GoogleドキュメントからWordPress.comに記事を投稿できるようになった



GoogleドキュメントからWordPress.comに記事を投稿できるようになった

WordPress.comはGoogleドキュメントと競争するのではなく連携する道を選んだようだ。ChromeブラウザのGoogleドキュメントで記事を書き、人気のウェブ・エディター、WordPress.comで保存、公開できるようになった。WordPressでGoogleドキュメントが使えるのはたいへん便利だ。他の人々と共同で記事を編集するのが非常に簡単になった。

ウェブの4分の1はWordPressだ。つまりWordPressのadminインターフェイスには何百万人ものユーザーがいて、毎日ブログを書いている。そもそもTechCrunch自体がWordPress.com VIPのユーザーだ。われわれの同僚は仕事中、長時間にわたって下のような画面をにらんでいる。

もちろんこのadminインターフェイスはシンプルかつカスタマイズ可能だが、ドラフトを別のアプリやサービスで書くユーザーも多い。われわれの同僚にはMicrosoft
Wordを使うものも Googleドキュメントを使うものもいる。私はUlyssesを愛用している。

重要な点はWordPress.comではリアルタイムで共有ができないことだ。つまりチームでの共同編集はできない。 もし記事の公開前に誰かがレビューする場合は、オリジナルのライターはいったんWordPressを閉じる必要がある。 Googleドキュメントは共有に関してはるかに強力で、複数のユーザーが同一のドキュメントを開き、同時に編集することが可能だ。

しかし毎日記事を書いている場合には、Googleドキュメントで書いた原稿をコピー&ペーストでWordPressに移すのは余計な手間に感じられる。また画像を利用するには、改めてWordPressアップロードしてフォーマットを変換する必要がある。WordPress.comは強力なREST APIを公開しているのでサードパーティーのサービスをWordPress.comに統合するのが簡単になった。

今日(米国時間3/7)発表された新機能を利用すれば、Googleドキュメントで記事の原稿を書き、WordPress.comに送ることができる。レイアウトや画像は原稿に正しく適用される。Googleドキュメントから記事のアップデートもできる。

この機能を利用するにはまずGoogle Docsのアドオンをインストールする必要がある(これ自身もちろんオープンソースだ)。Googleドキュメントのメニューから「アドオン」を開くとWordPress.com for Google Docsというオプションが表示される。このアドオンは最初に開いたときに自分が投稿しようとするWordPress.comサイトに関連付ける手続きが必要だ。これが終われば、あとは普通にGoogleドキュメントで文書を作成すればよい。リンクや画像を追加するのも普段どおりだ。原稿を書き終わったら右サイドバーのSave DraftアイコンをクリックすれWordPress.comに下書きとして送信される。

このアドオンはユーザーのGoogleドライブのすべてのファイルにアクセスできるわけではない。ユーザーがWordPress.comに連携させた文書だけを閲覧、編集できる。アドオンはすべてのWordPress.comサイトまたはWordPress site with Jetpackに連携できる。

非常に便利なのは、いったん投稿した記事を再び開いたとき、WordPressエディター側で編集されていた場合は、そのことを警告してくれる点だ。またGoogleドキュメント内から何回でも繰り返し記事のアップデートができる。TechCrunchの同僚はここ数週間テストを続けてきたが、これまでのところ信頼性は極めて高い。

WordPressのバックエンドにはなんら変更はない。これはあくまでWordPress.comで公開する記事の下書きを作成する新たなオプションだ。WordPressを提供しているAutomatticは数年前にSimplenoteを買収し、Simperiumを提供している。こうしたことからして私は将来WordPress自体でリアルタイムの共同作業ができるようになるのではないかと期待している。

画像SHUTTERSTOCK

〔日本版〕「アドオン」は原文ではextension。Chrome自体の拡張期機能と混同するおそれがあるのでGoogleドキュメントの表示どおり「アドオン」とした。なおWordPressアドオンはGoogleドキュメントの「アドオン」メニューから「アドオンを取得」を選んでも取得できる。Chromeブラウザの「拡張機能」ではないので注意。なおこのアドオンはChromeだけでなくOperaブラウザでも作動、表示されるが他ブラウザでの信頼性等は確かめていない。
このアドオンを実際に使ってみたが、利用法は簡単で日本語も特に問題なく表示された。

[原文へ]





FavoriteLoadingお気に入りAdd to favorites
AddQuicktag HTMLエディタを便利にカスタマイズ... AddQuicktagの使い方 – WordPressの投稿エディタを便利にカスタマイズしよう! AddQuicktagの設定方法と使い方【プラグイン】 ≫ 使い方・方法まとめサイト - usedoor ...
WordPressで企業サイトをつくる時に入れておきたいプラグインまとめ... ・まずは定番系 Akismet All In One SEO Pack Contact Form 7 WP Multibyte Patch ・投稿を便利にする系 TinyMCE Advanced Duplicate Post AddQuicktag Simple Local A...
Business Finder $63 固定ページのテンプレートをHomepage Templateに設定 固定ページをフロントページに設定 WordPress - Business Finder: Directory Listing WordPress Theme | ThemeForest ...
Directory $99 複数の特定カテゴリーだけPIN表示可能。地味に秀逸。 Directory Theme For WordPress | Responsive City or Multi-city Directories 食べログ的なものに良いWordPressテーマ集 ~ 地図上に評価やコ...
特定のキーワードをワードプレスの全記事中から検索し、そのキーワードを一括で別の単語に変換することが可... 3-6.search-regex  便利すぎて感動した!ワードプレス記事一括編集プラグインsearch-regex 特定のキーワードをワードプレスの全記事中から検索し、そのキーワードを一括で別の単語に変換することが可能なプラグイン。 ...
BizVektorビズベクトル wordpress日本語管理テーマ... 【無料】BizVektor 企業サイト向けスマホ対応レスポンシブWordPressテーマ(テンプレート)
WordPressのスマホ対応用プラグインにXSSの脆弱性... WordPressのスマホ対応用プラグインにXSSの脆弱性 スマートフォン向けの配信に利用されるWordPress向けプラグイン「WP Mobile Detector」に脆弱性が含まれていることがわかった。アップデートが公開されている。 同3.2以前のバージョンにクロスサイトスク...
Public Post Preview – 公開前の投稿やページを共有できるWordPr... 公開前の記事を外部の人に共有できるプラグイン「Public Post Preview」 特徴 下書き、予約投稿、レビュー待ちの記事に対して、ログインなしでも閲覧できるプレビュー用のリンクを生成できる プレビュー用リンクに有効期限を設定できる カスタム投稿タイプにも対応している ...
Widgets for SiteOrigin-Portfolio Widget Jetpackウィジ... Widgets for SiteOrigin-Portfolio Widget Last Updated: 1 week ago Active Installs: 600+ ◎Page Builderを使うときに便利なプラグインSiteOrigin Widgets Bundleの機能追加プラグ...
固定ページPageと投稿Postを変換できるプラグイン... Post Type Switcher Post Type Switcher - 記事の投稿タイプを後から変更できるWordPressプラグイン - ネタワン 固定ページPageと投稿Postを変換できるプラグインPost Type Switcher | ノマドWEB...

コメントを残す