[記事数:1,202] 日本を元気にするキーワード、地域活性化×中小企業× ITのTips and Quotes(秘訣と引用文)
creative  link  memo 

Lenovo、今度はThinkPadにユーザーデータ収集ソフトを潜ませていた



2015年9月25日 20時59分
Lenovo、今度はThinkPadにユーザーデータ収集ソフトを潜ませていた

lenovo-logo-e1443181871223今年2月、中国メーカーのLenovoが、販売しているノートパソコンへ密かに凶悪なアドウェアを混入していることが発覚しましたが、今回新たに、ユーザーデータを収集するソフトウェアを埋め込んでいることが明らかとなりました。しかも今回は、Lenovoの主力モデルであるThinkPadを始めとする「Think~」の全シリーズが対象です。
前回あれほどThinkシリーズは無関係と主張したのに

2015年2月にも、Superfishなる悪質なアドウェアを埋め込んでいることが明らかとなり、大スキャンダルに見舞われたLenovoですが、この時同社の見解は、「Thinkシリーズには埋め込んでいない」というものでした。しかし今回は、全てのThinkシリーズが対象となっています。

Computer Worldが明らかにしたところによれば、LenovoはThinkPadやThinkCentre、ThinkStationといった「Think」シリーズの全てのコンピュータに対し、「Lenovo Customer Feedback Program 64」なるプロセスを埋め込んでおり、ユーザーのデータを収集し、Lenovoのサーバーへ送信しているそうです。
マーケティング会社にデータを転送

またいくつかのデータはサードパーティーとシェアされていることが判明しており、オンライン・マーケティングやウェブ分析を行う企業の名前がファイルに存在したとのことです。

先述のComputer Worldによれば、同社はデータ収集に対し、「ユーザーが読まなければいけないEnd User License Agreement(EULA)にこのことは記載してある」とし、「望まなければ設定をオフにも出来る」と主張しているそうです。
追記:解除方法は以下の通り

・スタート>コントロールパネル>システムとセキュリティ>管理ツールの順にクリックし、タスクスケジューラを起動
・「Lenovo Customer Feedback Program 64」を検索
・「Lenovo Customer Feedback Program 64」を無効に

なお読者からの指摘で、下記のページで説明がなされていることが分かりました。
・Lenovoのシステムにはインターネット上のサーバーと通信するソフトウェア・コンポーネントが含まれている場合がある – ThinkCentre, ThinkStation, ThinkPad全般

Lenovo、ThinkPadのスパイウェア疑惑について声明
~個人データは収集していない
(2015/9/28 14:30)

01_s[1] Lenovoは米国時間の25日、統計データ収集についての声明を発表した。

 これは、過日、一部メディアやSNSなどで「ThinkPad」シリーズを含む同社製品に個人情報を送信するスパイウェアが搭載されているとの疑惑が報じられたことに対するもの。Lenovoの声明によれば、同社製品にはバックグラウンドでデータを送信するソフトウェアが搭載されているが、このことはソフトウェア利用許諾契約に明記されており、他社の製品やスマートフォンなどと同様、その目的は統計的な利用データの収集/活用による製品改善。このデータはユーザー個人や使っている端末とは紐付いておらず、個人を特定することはできないとしている。

 また、同社はWindows 10発売の準備過程において、同社製PCにプリインストールされる全てのソフトウェアについて、同社および第三者機関を通じてプライバシーと技術的な観点から問題がないことを検査済みだという。それでもデータを送信したくないユーザーについては、それらのソフトを「プログラムのアンインストールと変更」からいつでも削除できるとしている。ただし、この声明にはどのソフトウェアがそれに該当するのかは明記されていない。

 同社製品については、2月に個人向けPCにセキュリティ上問題のあるソフトがプリインストールされていたことが判明し、大きな問題に発展した。





FavoriteLoadingお気に入りAdd to favorites
深刻な脆弱性に対応した「WordPress 4.2.2」が公開 – 即時更新を推奨... 深刻な脆弱性に対応した「WordPress 4.2.2」が公開 – 即時更新を推奨 深刻な脆弱性を解消したセキュリティアップデート「WordPress 4.2.2」が公開された。WordPressの開発チームは、早期適用を呼びかけている。 今回のアップデートは、コンテンツマネジメントシス...
古いバージョンのWordPressとDrupalがパナマ文書漏洩に関与か... 古いバージョンのWordPressとDrupalがパナマ文書漏洩に関与か WordPressに関する記事を専門的に掲載しているWordPress Vaternに4月6日(米国時間)に掲載された記事「Outdated and Vulnerable WordPress and Drupal V...
「WordPress 4.4.2」公開、情報流出の脆弱性に対処... 「WordPress 4.4.2」公開、情報流出の脆弱性に対処 WordPress 4.4.2では2件の脆弱性が修正された。それより前のバージョンを使っているWebサイトは直ちに最新版に更新するよう強く勧告している。  オープンソースのコンテンツ管理システム(CMS)WordPressの更新...
「WordPress 4.5.3」がリリース – 複数の脆弱性を解消... 「WordPress 4.5.3」がリリース - 複数の脆弱性を解消 コンテンツマネジメントシステム(CMS)である「WordPress」の開発者グループは、脆弱性や不具合を解消した最新版「WordPress 4.5.3」を公開した。更新を強く推奨している。 今回のアップデートは、セキュ...
複数のWordPressプラグインに脆弱性「Vulnerabilities Identified i... 複数のWordPressプラグインに脆弱性  l ead=8月12日(米国時間)、Threatpostに掲載された記事「Vulnerabilities Identified in Several WordPress Plugins|Threatpost|The first stop for ...
WP向けカートプラグイン旧版にSQLインジェクションの脆弱性... WP向けカートプラグイン旧版にSQLインジェクションの脆弱性 コンテンツマネジメントシステム「WordPress」向けに提供されているショッピングサイト構築用プラグイン「Welcart」の旧版に脆弱性が含まれていることがわかった。「同1.5.3」以降で修正されているという。 脆弱性情報の...
「WordPress」に深刻な脆弱性 – セキュリティ更新が公開... 「WordPress」に深刻な脆弱性 - セキュリティ更新が公開 コンテンツマネージメントシステム(CMS)の「WordPress」に、深刻な脆弱性が含まれていることがわかった。脆弱性を解消するセキュリティアップデートが公開されており、早急に更新するよう強く推奨されている。 セキュリティ...
Yoast WordPress SEO plugin version 2.2脆弱性、2年を経て修正版... WordPress人気のプラグインに脆弱性、2年を経て修正版 6月11日(米国時間)、Threatpostに掲載された記事「Popular WordPress SEO Plugin Fixes XSS Bug|Threatpost|The first stop for security...
WordPress用モバイル対応プラグイン「WP Mobile Detector」にゼロデイ攻撃 &... WordPress用モバイル対応プラグインにゼロデイ攻撃 - 修正版が公開 「WordPress」において、モバイル端末向けに最適なテーマを表示するためのプラグイン「WP Mobile Detector」に脆弱性が存在し、ゼロデイ攻撃が発生していたことがわかった。修正版がリリースされている。 ...
WordPress脆弱性プラグイン&テーマ WordPress用プラグイン「All in One SEO Pack」に情報管理不備の脆弱性 | マイナビニュース WordPress用プラグイン「All in One SEO Pack」における情報管理不備の脆弱性に関する情報を、JVN(Japan Vulnerabi...

コメントを残す