[記事数:1,202] 日本を元気にするキーワード、地域活性化×中小企業× ITのTips and Quotes(秘訣と引用文)
creative  link  memo 

WordPressに綺麗なグラフやチャートを表示するプラグインまとめ




Visualizer

グラフのビジュアルも美しく、グラフ上へマウスカーソルをのせるとツールチップで数値を表示してるほど、高機能なグラフを作成可能です。
CSVファイルのデータを読み込むため、いちいちデータをWordPressへ手入力する必要はありません。数字のデータを編集するのはExcelで行うのが一番効率的なので、サクッとグラフを作成したいときには嬉しい機能です。

CSVファイルのアップロードもウィザード画面のステップの一つとして組み込まれており、ファイルアップロードのための画面遷移が少なくて済むのでとても使いやすいです。

グラフの種類も豊富でイチオシのプラグインです。

Chart Expert

こちらもCSVファイルを読み込みグラフを作成します。
Visualizerに比べれば、グラフの機能やビジュアル面で見劣りしますが、機能がシンプルなほうが操作を覚えやすいというメリットもあります。
TinyMCE Advancedというプラグインのインストールが必要になりますが、記事の投稿画面上からグラフを挿入できるのも魅力です。

amCharts

表示されるときのアニメーションだけでなく、マウスを載せたときのツールチップやライン表示など、高機能なグラフを作成できます。
データを登録する際にの記述はjavascriptでコードを記述しなければならないため、少し敷居が高いです。

WordPress Chart

良く知られているプラグインのようですが、ショートコード内にグラフのデータをカンマ区切りで記述する作成方法であり、個人的には使い勝手が悪い印象。
シンプルなグラフであれば良いかもしれませんが、データの項目数が多い場合には、グラフ作成における作業ミスが起こりやすいと思われます。
また、自分でCSSをカスタマイズしないとレイアウトが崩れるみたいです。

読み込み直後にグラフがアニメーションで動きながら描画されるので、見栄えはします。こういう気の利いたデザインは評価ポイントを上げますが、ショートコードのパラメータ記述がちょっと複雑でWordPress初級者には間違いなく使いにくいでしょう。

凡例の表示もなく、マウスをのせたときのツールチップ等のインタラクティブな表現もできないので、実用性に乏しいかなとも思います。

スプレッドシートのグラフを Web サイトに埋め込む

グラフをホームページで公開する
今回はあらかじめグラフを作成してあります。これを公開する手順をご紹介致します。と言っても手順はとても簡単です!

まずグラフの上をクリックすると、右上に[▼]が表示されます。これをクリックするとメニューがいくつか表示されるので、[グラフを公開]をクリックしてください。
graph01

[埋め込む]タブを選択し[インタラクティブ]を選択してください。インタラクティブにすると、スプレッドシート上でデータを変更した時に、ホームページに挿入したグラフの内容も変化します。それが嫌であれば[画像]を選択してください。
graph02

[公開]ボタンをクリックするとコードが表示されます。これをコピーしてホームページのソースコードに挿入してみてください。
graph03

実際に埋め込みをしたグラフが下図の通りです。

問題なく表示されていますね!簡単にホームページで公開することができるので、ブログなどを公開されている方はぜひ活用してみてください。





FavoriteLoadingお気に入りAdd to favorites
WordPress プラグインロードフィルター: Plugin Load Filter... のプラグインは、そのページで必要なプラグインのみを読み込むようにフィルタリングして、レスポンスを高速化することが出来ます また、WordPress をブログと共存して Webアプリケーションとして何らかのサービスを提供しているような場合ならば、プラグインをブログ用、Webアプリケーション用と言...
カテゴリの順番を変更できるWordPressプラグイン... (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); h3.widget-title { position: relative; padding-bottom: .5em; border-bottom: 1px solid ...
固定ページに特定カテゴリーの投稿一覧をプラグインなしで表示させる方法... 【wordpress】固定ページに特定カテゴリーの投稿一覧をプラグインなしで表示させる方法 | かわたま.net
最新記事サムネイル画像表示プラグインNewpost Catch設定と使い方... カテゴリ別に表示 ショートコードがつかえる ショートコードに利用できる属性一覧 id(string) – ulエレメントのid名(default:npcatch) cat(int) – カテゴリID(default:NULL) width(int) – サムネイルのwidth値(d...
記事に登録したカテゴリの一括変更をてせきるプラグイン... Batch Cat ・カテゴリ変更は3種類 Set categories to posts 選択したカテゴリに変更 Add categories to posts 選択したカテゴリを追加 Drop categoris from posts 選択したカテゴリを削除 ...
Facebook Like Boxをレスポンシブに対応 「HTML5」「XFBML」 「iframe」 背景色を白色にする Facebookプラグイン「Like Box」の横幅を可変にしてレスポンシブにする方法 | SEOモード Facebook Lik...
ソーシャルログインを実装する国産プラグイン「Gianism」... WordPressにソーシャルログインを実装する国産プラグイン「Gianism」の設定方法 | WordPressテーマ「メシオプレス」ブログ ...
WordPress Plugins Photo Gallery フォトギャラリーまとめ... (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); h3.widget-title { position: relative; padding-bottom: .5em; border-bottom: 1px solid ...
投稿、固定ページの新着情報をショートコードで表示するプラグイン... What’s New Generator 特徴 期間を指定してタイトルにNEW!マークを表示させることができます。 新着情報に表示するコンテンツに投稿または固定ページを設定できます。 表示する件数を設定できます。 表示順序は、公開日順・更新日順から選択できます。 カテゴリを指...
WordPress Plugins ロゴスライダー Logo Sliderまとめ... (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); h3.widget-title { position: relative; padding-bottom: .5em; border-bottom: 1px solid ...

コメントを残す