[記事数:1,202] 日本を元気にするキーワード、地域活性化×中小企業× ITのTips and Quotes(秘訣と引用文)
creative  link  memo 

WordPress脆弱性プラグイン&テーマ



WordPress用プラグイン「All in One SEO Pack」における情報管理不備の脆弱性に関する情報を、JVN(Japan Vulnerability Notes)において公表した。

All in One SEO Packでは、初期設定で、本文の一部を含むMETAタグをページに追加する機能が有効となっており、WordPressの「パスワード保護」機能で閲覧を制限したページであっても、追加されたMETAタグから、パスワードを知らない第三者によって本文の一部を閲覧される可能性がある。

影響を受けるバージョンは、All in One SEO Pack Version 2.2.5.1およびそれ以前のもの。

同脆弱性の影響を回避するためには、All in One SEO Packの設定画面で「詳細を自動生成」(“Autogenerate Descriptions”)機能を無効にするか、または開発者が提供する情報をもとに、最新版へのアップデートを実施すればよいとのこと。

2015/03/26
脆弱性が含まれているのは「flashy version 1.3」および以前のバージョン。クロスサイトスクリプティングの脆弱性「CVE-2015-0901」により、ブラウザ上で任意のスクリプトを実行されるおそれがある。

コンテンツマネジメントシステム(CMS)の「WordPress」向け提供されているプラグイン「WordPress SEO by Yoast」において複数の脆弱性が修正された。

同製品は、WordPressにおいてサーチエンジンに対する最適化(SEO)機能を提供する人気プラグイン。今回明らかとなった脆弱性は、WPScanの開発メンバーが発見、報告したもので、実証コードも公開されている。

一部ページに、ブラインドSQLインジェクションの脆弱性「CVE-2015-2292」やクロスサイトリクエストフォージェリ(CSRF)の脆弱性「CVE-2015-2293」が存在。これらを組み合わせ、WordPressの管理画面へログインしたユーザーに、攻撃者が用意したサイトを訪問させたり、細工したリンクをクリックさせることで、ブラインドSQLインジェクション攻撃が実行されるおそれがある。

開発元では、脆弱性を修正した「同1.7.4」を用意。提供を開始している。

キヤノンITソリューションズは3月20日、セキュリティ情報を提供する「マルウェア情報局」で「Islamic State (ISIS)」と称する攻撃者により、複数のWebサイトが改ざんされる事案について報告した。

同社によると、「Islamic State (ISIS)」と称する攻撃者は国内外のWebサイトを対象に攻撃を行っており、改ざんされたWebサイトにアクセスすると「Islamic State (ISIS)」の画像や「Hacked by Islamic State (ISIS)」といったメッセージが表示されるという。

いくつかのサイトでは、WordPressのプラグイン「Fancybox for WordPress」の脆弱性を悪用し、改ざんが行われた可能性があるとのことだ。この脆弱性は以前から確認されており、ESETの「We live security」にて、2015年2月6日に報告されている。

この脆弱性を含んでいるのは、Fancybox for WordPress 3.0.2以前のバージョンだが、脆弱性はすでに修正されているという。同社は、Fancybox for WordPressプラグインを利用している場合、最新バージョンへアップデートするよう注意を呼びかけている。





FavoriteLoadingお気に入りAdd to favorites
WordPressへフォームを設置するプラグイン「Ninja Forms」に深刻な脆弱性... WordPressへフォームを設置するプラグインに深刻な脆弱性 WordPressにフォームを追加するプラグイン「Ninja Forms」に脆弱性が含まれていることがわかった。セキュリティ機関が注意を呼びかけている。 脆弱性情報のポータルサイトであるJVNによれば、フォームより送信された...
WordPress、人気eコマースサイトプラグインに脆弱性... WordPress、人気eコマースサイトプラグインに脆弱性 11月22日(米国時間)、Threatpostに掲載された記事「WordPress Plugins Leave Online Shoppers Vulnerable|Threatpost|The first stop for se...
分析用JavaScriptコードのフリをしたマルウェアに注意 – WordPress... 分析用JavaScriptコードのフリをしたマルウェアに注意 - WordPress Webページへのアクセスを分析する目的で各ページに分析用のJavaScriptコードを挿入することがある。アクセスデータはサービスを提供しているベンダーで集計され、多くの場合は専用のダッシュボードを経由し...
WordPress向けeコマースサイト構築プラグイン「WP Marketplace」に脆弱性 ... WordPress向けeコマースサイト構築プラグインに脆弱性 - ゼロデイ攻撃も WordPressにおいてeコマースサイトを構築できるプラグイン「WP Marketplace」に、複数の脆弱性が含まれていることがわかった。10月18日の時点で修正プログラムは用意されておらず、すでに悪用も確認...
「WordPress 4.3」が公開 – セキュリティ強化や180のバグ修正を実施... 「WordPress 4.3」が公開 - セキュリティ強化や180のバグ修正を実施 コンテンツマネジメントシステム(CMS)「WordPress」の開発者グループは、新版となる「同4.3」を提供開始した。 同バージョンは、ジャズシンガーのBillie Holidayにちなみ、「Bil...
WordPressプラグイン「CCTM」にバックドア見つかる... WordPressプラグイン「CCTM」にバックドア見つかる 世界で最も多く使われているCMSであるWordPressは、ユーザーが多いことからサイバー攻撃の対象とされるケースが多い。また、WordPressをカスタマイズする目的で使われるプラグインに脆弱性が見つかることも多く、プラグインも...
WordPress向けフォームプラグイン「Ninja Forms」に脆弱性... WordPress向けフォームプラグインに脆弱性 WordPress向けに提供されているフォームプラグイン「Ninja Forms」に脆弱性が含まれていることがわかった。 「同2.9.18」にクロスサイトスクリプティングの脆弱性が含まれていたもので、以前のバージョンも影響を受ける。 ...
「WordPress」に深刻な脆弱性 – セキュリティ更新が公開... 「WordPress」に深刻な脆弱性 - セキュリティ更新が公開 コンテンツマネージメントシステム(CMS)の「WordPress」に、深刻な脆弱性が含まれていることがわかった。脆弱性を解消するセキュリティアップデートが公開されており、早急に更新するよう強く推奨されている。 セキュリティ...
「PHPMailer」の脆弱性、「WordPress」などでは悪用できず... 「PHPMailer」の脆弱性、「WordPress」などでは悪用できず PHPライブラリ「PHPMailer」に脆弱性が見つかった問題で、同ライブラリを利用する「WordPress」「Joomla!」「Drupal」いずれも、コア部分では脆弱性を悪用される懸念がないことがわかった。 問...
WordPressに複数の脆弱性 最新版「WordPress 4.7.2」公開... WordPressに複数の脆弱性 Automatticは1月26日(米国時間)、「WordPress 4.7.2 Security Release」において、WordPressの最新版となる「WordPress 4.7.2」の公開を伝えた。このバージョンは脆弱性を修正したセキュリティリリー...

コメントを残す