[記事数:1,202] 日本を元気にするキーワード、地域活性化×中小企業× ITのTips and Quotes(秘訣と引用文)
creative  link  memo 

WordPress プラグインロードフィルター: Plugin Load Filter



のプラグインは、そのページで必要なプラグインのみを読み込むようにフィルタリングして、レスポンスを高速化することが出来ます

また、WordPress をブログと共存して Webアプリケーションとして何らかのサービスを提供しているような場合ならば、プラグインをブログ用、Webアプリケーション用と言うような感じで使い分けることも可能です

このように、無条件にプラグインを読み込んでいると、1つのプラグインの読み込みで、仮に50msec かかるとすると20個のプラグインを使っていると1秒かかることとなります

これが、プラグインは使い過ぎると重くなる理由です

また、TinyMCE Advanced 等のようなプラグインは管理画面での記事作成時にしか必要ありませんので、通常のサイト表示時に読み込む事自体がナンセンスです

一つのプラグインを読み込まなくて済むということは、そのプラグインのPHPプログラムだけでなく、同時に関連するCSS,JS,翻訳ファイル等も読み込まないってことです

また、このプラグインでは、デスクトップかモバイルデバイスかによってロードするかどうかも設定できますので、例えば ”トップへ戻る” 等の機能をプラグインで実装している場合なら、この機能はデスクトップ時のみ有効とする等も可能です

使い方

管理画面のプラグインメニューに追加された Plugin Load Filter から設定します

  1. フィルター登録
  2. Pege Filter 有効プラグイン登録
  3. 動作確認

上記順番に設定と動作確認を繰り返して下さい

設定はちょっと面倒かも知れませんが、うまく設定することが出来れば、プラグインの読み込みを減らし、ページ表示を高速化出来るのでぜひチャレンジしてみてください (^^)

フィルター登録

設定ルール

  • プラグインは、有効化されているプラグイン、Jetpackの有効モジュール、Celtispack の有効モジュールから選択できます
  • フィルターに登録しないプラグインは通常どうり普通にロードされます
  • フィルター登録したプラグインでも、管理画面及び、記事表示に関係ないページ(login, wp_cron, Ajax 等)のリクエストには、常にロードされます

フィルタータイプ

フィルターは 4タイプあり、いづれか1つのタイプに設定することが出来ます。設定すると動的に無効化や有効化される対象となります

  1. [Admin Filter] : 管理モードのみで使用するプラグインとして設定
  2. [Desktop Filter] : デスクトップデバイスのみで使用するプラグインとして設定
  3. [Mobile Filter] : モバイルデバイスのみで使用するプラグインとして設定
  4. [Page Filter] : ページタイプや投稿毎に有効化の選択対象とするプラグインとして設定

Page Filter は、特定のページでしか使われないことがわかっているプラグインを登録して、Page Filter 有効プラグイン選択 でページタイプ毎に有効化する条件を指定する為のものです

フィルター登録

 

※モバイルデバイスの判定は WordPress の wp_is_mobile 関数を使用しているので、スマートフォンとタブレットがモバイルデバイスとして判定されます

※動作条件が不明のプラグインまでフィルタする必要はありません。設定するか迷うプラグインは通常ロードのままにしておくことをお勧めします (^^)

Page Filter 有効プラグイン選択

Page Filter に登録したプラグインは一旦ブロックされるので、そこからページタイプ、投稿フォーマット又はカスタムポストタイプ毎に有効化するプラグインを選択します

  1. ページタイプ選択
  2. 有効化プラグイン選択

ページタイプ有効化プラグイン選択

 

Page Filter に登録してあるプラグインはブロックされるので、使用しているページタイプ、投稿フォーマット等でのプラグイン有効化設定に抜けがないように登録して下さい

※投稿フォーマットを使用していない場合は、投稿に関しては 投稿ページ : 標準フォーマット のみ設定すればOKです

※カスタムポストタイプは、有効になっている場合のみ表示されます

個別ページ毎の設定

Page Filter 有効プラグイン選択では、ページタイプ別の有効化するプラグインを設定しましたが、一つの固定ページでしか使っていないプラグインのような場合は、個別ページ単位で有効化するプラグインを設定することも可能です

個別ページ有効化プラグイン選択





FavoriteLoadingお気に入りAdd to favorites
WordPress管理画面をカスタマイズして使いやすくできるプラグイン44選... カスタマイズ総合 WP Total Hacks WP Total Hacksは、WordPressの様々な部分をカスタマイズできるプラグインです。管理画面の表示内容や設定を変更できます。 このプラグインは、1つのプラグインで20箇所以上のカスタマイズができるので便利です。非常にお勧...
JetpackがWordPress.comと連携できない サーバー側がアクセスを許可してない為に発生しているエラー 管理ツールの国外IPアクセス制限 ↓ XML-RPC API アクセス制限を無効に WPblog ネットオール Netowl...
Imsanity 画像アップロード時に指定したサイズに自動でリサイズできるプラグイン... Imsanity Last Updated: 2015-2-20 Downloads: 215,657 プラグイン側で自動でリサイズしてからアップロードしてくれる 過去にアップした画像もリサイズする ・設定 Images uploaded within a Page/Po...
ソーシャルログインを実装する国産プラグイン「Gianism」... WordPressにソーシャルログインを実装する国産プラグイン「Gianism」の設定方法 | WordPressテーマ「メシオプレス」ブログ ...
Widgets for SiteOrigin-Person Widget 人ウィジェット... Last Updated: 1 week ago Active Installs: 600+ ◎Page Builderを使うときに便利なプラグインSiteOrigin Widgets Bundleの機能追加プラグイン SiteOrigin Widgets Bundleが必須 Page Bu...
WooCommerce 関連プラグインまとめ (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); h3.widget-title { position: relative; padding-bottom: .5em; border-bottom: 1px solid ...
WordPress:投稿一覧でアイキャッチ画像を次々登録することができるプラグイン「Easy Fea... WordPressでアイキャッチ画像を指定していく際、普段は各記事の編集ページから設定していくと思いますが、この「Easy Featured Images」というプラグインを使うことでわざわざ編集ページに飛ばなくても投稿一覧の画面のみで次々登録していくことができます。 プラグインを有効化後に投...
Tabs Widget for Page Builder Page Builderを使うときに便利な... Requires: 4.0.0 or higher Compatible up to: 4.4.2 Last Updated: 1 month ago Active Installs: 1,000+ Tabs Widget for Page Builder — WordPr...
誰かが記事をコピーしたら教えてくれるプラグインCCC... CCC(Check Copy Contents) 誰かが、あなたのブログの文章をコピーしたら、そのコピーされた箇所とページのURLを、こっそりとあなたにメールで通知します。 WordPress:誰かが記事をコピーしたら教えてくれるプラグインCCC(Check Copy Co...
Googleの検索エンジンに素早くインデックスできるWordPressプラグイン... WordPressで記事を投稿すると、Googleの検索エンジンに対して、ほぼリアルタイム(数分以内)にインデックスさせることができるプラグイン プラグインをインストールして有効にするだけで、その後は継続的に検索エンジンに通知してくれる。 PubSubHubbub Requires...




コメントを残す