[記事数:1,202] 日本を元気にするキーワード、地域活性化×中小企業× ITのTips and Quotes(秘訣と引用文)
creative  link  memo 

WP-PageNavi 記事の「次へ」「前へ」を「1,2,3,4,・・・」などの表示にしてくれるプラグイン



WP-PageNavi
「WP-PageNavi」はページナビゲーションを簡単に設置できるプラグインです。

ページナビゲーションとは、Googleの検索結果ページの最下部にある「前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 次へ」というようなページ送りのことで、記事数が多いサイトやブログには必須です。

検索エンジンにサイト内を適切にクロールしてもらうためにも入れておきたいプラグインですね。





FavoriteLoadingお気に入りAdd to favorites
Google Language Translator 翻訳 WordPressプラグイン... 管理画面 > 設定 > Google Language Translator Choose the original language of your website は Japanese を選択 Show Google Toolbar? Show Google Brand...
サイドバーや固定ページ等にサムネイル画像つきの最近の投稿をカテゴリー毎にタイル状に表示... Display Posts Shortcode カテゴリーやタグ毎のリストを作成することが可能 日付、抜粋文、記事本文の追加が可能 固定ページ、投稿記事、どちらでもリストの作成が可能 出力されるHTMLにクラスが指定されていてCSSでカスタムしやすい。 カスタム投稿、カスタム分...
自動で抜粋と「続きを読む」を表示してくれるプラグインWP Limit Posts... 自動で抜粋と「続きを読む」を表示してくれるプラグインWP Limit Posts Automaticallyの設定と文字化けの対処法 | ノート100YEN.com WordPress | Moreタグ(続きを読む)をプラグイン【WP Limit Posts Automat...
SiteOrigin Widgets Bundle – Features Widget ... Last Updated: 7 days ago Active Installs: 300,000+ ◎Page Builderを使うときに便利なプラグインSiteOrigin Widgets Bundleの機能 Page Builderで配置してウィジェットで設定する 一括で設定するタイプ...
ウィジェットエリアをページ毎にカスタマイズ「WooSidebars」... WordPress プラグイン > カスタマイズ > WooSidebars|サイドバー・ウィジェット
最新記事を自動でスライドショー WordPressコンテンツスライダー【Smooth Slider】... プラグイン名 Smooth Slider レスポンシブ対応「最新記事自動スライドショー」です。またカテゴリ別や個別記事、画像のみなど、複数のスライドショーを管理、設置できます。 設定はスライドの大きさや画像の大きさ、フォント、エフェクト、ナビなど、細かく調整できる高機能で使いやすい仕様です。...
Jetpackタイルギャラリーの横幅を指定する方法... 通常、デフォルトの状態はタイルギャラリーの横幅は「500px」で固定されています。 これを任意の横幅で指定するには、テーマファイルの[functions.php]に以下のコードを記述します。 【WordPress】プラグイン[Jetpack]の機能「タイルギャラリー」の横幅...
wordpressのjetpack共有を使って「LINEへ送る」ボタンを追加する方法... まずはwordpressの「設定」>「共有」から「新サービスを追加」をクリック。 次に3つの項目に入力していきます。 サービス名:Line(ボタンに表示させたいテキストを入力します) 共有URL: アイコンURL:16×16pxのアイコン画像URL(これを入れないで作成するとエラーが出て...
List category posts ショートコードも使えるカテゴリやタグの記事一覧を記事内に表示... List category posts ※一番の特徴は検索キーワードが使える点 ULのCSSクラスの指定 thumbnail_class - サムネイルの CSSクラスを設定 投稿を一覧表示する カテゴリIDの指定 カテゴリ名の...
WordPressで負荷の要因となっているプラグインを特定できるP3(Plugin Performa... WordPressには、プラグインを分析してくれるプラグインが存在しています。その中の1つが、「P3 (Plugin Performance Profiler)」というプラグインです。 P3を使用すると、WordPressで有効化された、問題のあるプラグインを見つけることができます。使い方は非...

コメントを残す